ウルクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルクル
Urkuluko Dorrea.JPG
標高 1,419 m
所在地 フランスの旗 フランスアキテーヌ地域圏ピレネー=アトランティック県
スペインの旗 スペインナバーラ州
位置 北緯43度02分44.52秒 西経01度14分28.6秒 / 北緯43.0457000度 西経1.241278度 / 43.0457000; -1.241278座標: 北緯43度02分44.52秒 西経01度14分28.6秒 / 北緯43.0457000度 西経1.241278度 / 43.0457000; -1.241278
山系 ピレネー山脈
ウルクルの位置(ピレネー山脈内)
ウルクル
ウルクル
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ウルクルバスク語: Urkulu, バスク語発音: [uɾˈkulu])は、ピレネー山脈西部のスペインフランスにまたがっており、バスク地方の象徴的な山である。ピレネー山脈西部にあり、山麓にはスペイン・ナバーラ州ロンセスバージェスがあり、スペイン=フランス国境はロンセスバージェス峠(ロンスヴォー峠)である。

地理[編集]

ウルクルには、スペイン・ナバーラ州のオルバイツェタ旧兵器工場から、またはフランス・バス・ナヴァールのBéhérobieから(オルガンビデシュカ峠経由)、容易に訪れることができる。ピレネー山脈の南斜面に沿って東西に、GR長距離遊歩道11番が伸びている。

歴史[編集]

ウルクルの山頂からは北斜面も南斜面も広く見渡すことができ、山頂にはローマ時代に遡る塔の遺構が残っている。この塔はローマ人によるアキテーヌ地方の征服を記念して建立されたものであり、中近世には物見櫓として使用された。ローマ時代の「Summum Pyreneum」はアストビスカル峠からちょうど2km離れたAb Asturica Burdigalam英語版道路と同定されている。このため、J・Mヒメノ・フリオやP・ナルバイツなどの研究者は、778年のロンセスバージェスの戦いがウルクルから近い場所で行われたと主張している。ロンセスバージェスの戦いではフランク王国カール大帝軍がこの地のバスク人に敗北し、この戦いで戦死したとされるローランは叙事詩「ローランの歌」のモデルとなった。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路はロンセスバージェス峠を超えている。

外部リンク[編集]