ウリ・カッツエンスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウリ・カッツェンスタイン
Uri Katzenstein
Uri Katzenstein photo.jpg
2010年当時の本人写真
原語名אורי קצנשטיין
生誕 (1951-02-17) 1951年2月17日
イスラエル,テルアビブ
死没2018年8月24日(2018-08-24)
国籍イスラエル人
教育サンフランシスコ・アート・インスティテュート(SFAI)
著名な実績彫刻視覚芸術、音楽、映像
代表作"Patʹshegen" (1993)
"Family of Brothers" (2000)
"Backyard" (2015)
運動・動向アバンギャルド

ウリ・カッツェンスタインヘブライ語: אורי קצנשטיין‎、英:Uri Katzenstein、1951年2月17日 - 2018年8月24日[1]は、イスラエル彫刻家であり視覚芸術家。音楽家として楽器や音響機器を製造したり、映像製作者でもあった[2]

生い立ち[編集]

1951年、イスラエルのテルアビブで生まれたウリは、ホロコースト以前にイスラエルへ移住したドイツ生まれの両親の一人息子だった。若い頃は音楽をたしなみ、彼は幾つかのロックバンドに参加した。1969年、彼はイスラエル国防軍に入隊し、第四次中東戦争では衛生兵として戦った[3][4][5]。 1970年代後半、ウリはサンフランシスコ・アート・インスティテュート(SFAI)で勉強し、美術学修士号(MFA)を授与した後にニューヨーク市へと移り、80年代はそこで暮らし活動していた。彼の初期作品は70年代後半から始まり、多彩でアバンギャルドなメディア展示、音楽、パフォーマンス、ビデオおよび音響芸術を含むものだった。1990年代半ばに、彼は彫刻の人形像を創作し始め、さらに造形物と音響機器が全て融合されていき、1回限りの視聴イベントとして構成されるようになった[3]

経歴[編集]

イスラエルに戻った後、彼とノアム・ハレヴィは「ミダス」というショーを制作した。1993年、彼はHillel MittelpunktおよびNikmat HaTraktorというバンドによるロックオペラ「サマラ」に参加した。1999年、彼はオハッド・ヒショフと一緒に『Skin O Daayba』と題する音楽アルバムを発表、これが音楽的パフォーマンスの基礎を築き上げた。2001年、彼はリナナ・ラズおよびオハッド・ヒショフと共に「ホーム」というショーを制作した。2000年代初頭、彼は個人的なアイデンティティの主題を強調しながらも、超現実的イベントで構成されるビデオ・アートを創作し始めるようになった。

彼の著名な作品には『Patʹshegen』(1993年)と『Mishpachat ha-Achim(兄弟の家族)』(2000年)がある。彼の初期パフォーマンス作品は、The Kitchen、No-Se-No、8BCDanceteriaなどの高名なパフォーマンス会場で定期的に発表された。彫刻、ビデオ、インスタレーションといった彼の作品は、国立ロシア美術館サンクトペテルブルク)、チェルシー美術館英語版(ニューヨーク)、デュッセルドルフ美術館英語版イスラエル博物館デューク大学美術館(ノースカロライナ州)などの美術館で展示された。カッツェンスタインは、1991年のサンパウロ・ビエンナーレ、2001年のヴェネツィア・ビエンナーレ、翌2002年のブエノスアイレスビエンナーレ(1位受賞)、そして2005年の第9回イスタンブール・ビエンナーレに参加した。彼のパフォーマンス作品は、ロンドンベルリンサンフランシスコカーディフ (ウェールズ)サンティアゴ・デ・コンポステーラ (スペイン)、ニューヨーク市、テルアビブの劇場やギャラリーに現れた[3][6]

ウリ・カッツェンスタインは、2003年から亡くなるまで、ハイファ大学人文学部の美術学科で講義を受け持っていた[7][8]。2018年8月24日に死去、享年67歳。

彼の死後2018年9月、彼が製作中だった展示物が『The Institute of Ongoing Things』と題され、アムステルダムユダヤ歴史博物館で公開された。2019年1月、ニューヨーク市のタイムズスクエアにあるZAZ10TSで、彼が取り組んでいたもう一つの展示物『You Never Know』が公開された[9]

受賞[編集]

ウリ・カッツェンスタインの受賞は次の通り[3]

  • 1982年:Creativity Encouragement Award(創造奨励賞)、イスラエル教育省
  • 1989年:Work Completion Award(作品完成賞)、イスラエル教育省
  • 1992年:助成金、アメリカ・イスラエル文化財団(AICF
  • 1998年:視覚芸術分野のクリエイター助成金、イスラエル教育省
  • 2000年:イスラカート賞、テルアビブ美術館
  • 2001年:ビエンナーレ賞、イスラエル・パビリオン、イタリアのヴェネツィア・ビエンナーレ
  • 2002年:第1位、アルゼンチンのブエノスアイレスビエンナーレ・オブ・アート
  • 2014年:ダン・サンドラー&サンドラー財団賞(彫刻部門)、テルアビブ美術館[10][11][12]
  • 2017年:ディゼンコフ賞英語版

著書[編集]

  • ha-Biʼanaleh ha-benleʼumit ha-21 shel San-Paʼulo 1991, Yiśraʼel (1991). by Nurit Daṿid, Yehoshuʻa Borḳovsḳi, Yiśraʼel Rabinovits, Uri Ḳatzenstein OCLC 58404699
  • פתשגן / Patʹshegen (1993). by Uri Katzenstein 978-965-278-130-7
  • Uri Katzenstein : missive : The Israel Museum, Jerusalem, (1993). by Uri Katzenstein OCLC 600838262
  • Families (2000). by Uri Katzenstein; Duke University. Evans Family Cultural Residency Program. OCLC 49932271
  • Uri Katzenstein : home : Venice Biennale 2001, the Israeli Pavilion (2001). by Uri Katzenstein; Yigal Zalmona; Ishai Adar; Binya Reches OCLC 753440505
  • Hope machines (2007). by Uri Katzenstein; Merkaz le-omanut ʻakhshaṿit (Tel Aviv, Israel) OCLC 477287150
  • Backyard (2015) by Uri Katzenstein; Tel-Aviv Museum 978-965-539-109-1

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ האמן והמוזיקאי אורי קצנשטיין מת בגיל 67 (ヘブライ語)
  2. ^ Uri Katzenstein: backyard The Dan Sandel and Sandel Family Foundation Sculpture Award, 2014”. Tel Aviv Museum of Art. 2015年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c d אורי קצנשטיין” (ヘブライ語). מרכז המידע לאמנות ישראלי. 2015年6月27日閲覧。
  4. ^ Gal-Ezer, Miri. “From "silent generation" to cyber-psy-site, story and history: The 14th Tank Brigade battles on public collective memory and official recognition”. cyberpsychology.eu. 2015年6月27日閲覧。
  5. ^ Littman, Shany (2015年5月22日). “האמן אורי קצנשטיין טיפל בפוסט טראומה שלו באמצעות כיסא בצורת צלב קרס” (ヘブライ語). Haaretz. 2015年7月22日閲覧。
  6. ^ Uri Katzenstein”. no-org.net no-org.net. 2015年6月27日閲覧。
  7. ^ Prof. Uri Katzenstein lecturer page”. University of Haifa. 2015年6月27日閲覧。
  8. ^ Armon Azoulay, Ellie (2011年6月6日). “Art in Haifa: thinking outside the box Artists who come from 'other places' reflect the University of Haifa's flexibility.”. Haaretz. 2015年6月27日閲覧。
  9. ^ Riva, Naama (2019年2月3日). “Finished Preparing the Exhibition and Died: Artist Uri Katzenstein Exhibiting in New York and Amsterdam” (ヘブライ語). Haaretz. 2019年2月5日閲覧。
  10. ^ Litman, Shany (2014年11月17日). “אנג'לה קליין, אורי קצנשטיין וטל מצליח בין זוכי פרס מוזיאון תל אביב” (ヘブライ語). Haaretz. 2015年6月27日閲覧。
  11. ^ Hoffman, Carl (2015年3月6日). “From 'Backyard' to front lawn”. Jerusalem Post. 2015年6月27日閲覧。
  12. ^ Yahav, Galia (2015年5月7日). “Veteran Israeli artist's exhibit is generous, sexy, and violent all at once”. Haaretz. 2015年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]