ウラディーミル・ヴァヴィロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴラディーミル・フョードロヴィチ・ヴァヴィロフVladimir Fiodorovich Vavilov (ロシア語: Владимир Фёдорович Вавилов), 1925年5月5日1973年11月3日)はロシアギタリストリュート奏者・作曲家ソ連における古楽復興の立役者である。

サンクトペテルブルク音楽院においてイサコフにギターを、アドモニに作曲を師事。演奏家としてだけでなく、国立楽譜出版社の校訂者や、とりわけ注目すべきことに、作曲家としても活躍した。ヴァヴィロフは、自作をきまって昔の作曲家、たいていはルネサンス音楽バロック音楽の作曲家のものとした。ただし、時々それ以後の作曲家になることもあった。フェティスクライスラーポンセ、カサドシュら、過去に煙幕を張った他の作曲家の前例に同じく、ヴァヴィロフも、名目上の「作曲者」のしかるべき作曲様式にはまるで無頓着であった。ヴァヴィロフの作品は非常に広く出回ったため、新たに旋律に歌詞を付けてまるで真の民謡の域に達したものさえある。

とりわけ有名な偽作に以下の例がある。

ヴァヴィロフは窮乏の末に膵臓癌によって亡くなった。それから数ヵ月後に《黄金の都市のカンツォーナ》が発表されると、一夜にしてヒット作となった。

[編集]