ウラディーミル・フォーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウラディーミル・フォーゲルドイツ語Wladimir Vogelロシア語:Влади́мир Фогель、1896年2月29日ユリウス暦2月17日) - 1984年6月19日)は、スイス作曲家

ドイツ人の父とロシア人の母との間にロシアモスクワで生まれた。若い頃はモスクワでアレクサンドル・スクリャービンの門下生として学んだ。その後、父の祖国のドイツに移住した。

1918年から1924年までベルリンハインツ・ティーセンフェルッチョ・ブゾーニに師事し、1929年から1933年までクリントヴォルト=シャルヴェンカ音楽院で教壇に立った。

表現主義ヘルヴァルト・ヴァルデンのサークルに、ジョージ・アンタイルハンス・アイスラーフィリップ・ヤルナッハクルト・ワイルとともに参加した。

1933年ナチスにより「退廃音楽」とのレッテルを貼られたためドイツを去り、ストラスブールブリュッセルパリロンドンを転々とした。

この間、1937年ヴァイオリン協奏曲で初めて十二音音楽を採用した。1939年よりスイスに移住し、最初はアスコナで、1964年からチューリッヒで生活した。

弟子にはエーリク・ベリマンエイノユハニ・ラウタヴァーラロルフ・リーバーマンなどがいる。

作品には交響曲、管弦楽のための商品、弦楽合奏曲、管楽アンサンブル、チェロ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、合唱曲、オラトリオなどがある。

文献[編集]

  • Friedrich Geiger: Die Dramma-Oratorien von Wladimir Vogel 1896-1984, Hamburg: von Bockel, 1998
  • Walter Labhart: Wladimir Vogel - Konturen eines Mitbegründers der Neuen Musik, in: Neujahrsblatt der Allgemeinen Musikgesellschaft Zürich 166, Hug, Zürich 1982.
  • Walter Labhart: Wladimir Vogel - Ein Klavierkomponist der Neuen Musik, in: Piano-Jahrbuch II, Piano-Verlag, Recklinghausen 1981.
  • Hans Vogt: Wladimir Vogel, in: Neue Musik seit 1945, Reclam, Stuttgart 1982.
  • Klaus Schweizer: Wladimir Vogel, in: Orchestermusik des 20. Jahrhunderts seit Schönberg, Reclam, Stuttgart 1976.
  • Gerhard Schuhmacher: Gesungenes und gesprochenes Wort in Werken Wladimir Vogels, in: Zur musikalischen Analyse, Wissenschaftliche Buchgesellschaft, Darmstadt 1974.
  • Hans Heinz Stuckenschmidt: Wladimir Vogel, in: Komponisten des 20. Jahrhunderts, Piper, München 1971.
  • Hans Oesch: Hommage à Wladimir Vogel, Zürcher Almanach, Benziger, Einsiedeln 1968
  • Hans Oesch: Wladimir Vogel. Sein Weg zu einer neuen musikalischen Wirklichkeit, Francke, Bern 1967.
  • Luigi Rognoni: Porträt Wladimir Vogel, in: Melos, Heft 6 (22.Jahrg.), 1955, SSM
  • Habakuk Traber, Elmar Weingarten, Wladimir Rudolfowitsch Vogel: Verdrängte Musik. Berliner Komponisten im Exil, Argon, Berlin 1987