ウラジーミル・トゥクマコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウラジーミル・トゥクマコフ
IBM-schaaktoernooi 9e ronde, nr 30, 31 Tukmakov, nr 32, Langweg, Bestanddeelnr 927-3527.jpg
ウラジーミル・トゥクマコフ
フルネーム Vladimir Tukmakov
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
 ウクライナ
生誕 (1946-05-05) 1946年5月5日(72歳)
オデッサ
タイトル グランドマスター

ウラジーミル・トゥクマコフ(Vladimir Tukmakov、1946年5月5日 - )は、ウクライナチェスプレーヤーユダヤ系

経歴[編集]

オデッサ生まれ。ソ連崩壊前はソビエト連邦のチェスプレーヤーとして活動していた。

トゥクマコフは1969年に開催された第37回ソ連国内選手権戦では23人中21位だったが[1]、翌1970年に開催された第38回ソ連国内選手権戦で一躍2位となった[1][2]。この第38回ソ連国内選手権戦で優勝したのはヴィクトール・コルチノイである[1][2]

その後数年は成績不振で、翌1971年の第39回ソ連国内選手権戦ではトゥクマコフは22人中18位[1]1975年のゾーナル・トーナメントでも1勝10引き分け4敗の6ポイントで13位に終わっている[2]。その間1972年には26歳でグランドマスターとなっている[2]

ソ連崩壊後はウクライナのチェスプレーヤーとして活動している。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『やさしい実戦集』、169頁。
  2. ^ a b c d 『やさしい実戦集』、149頁。