ウメブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウメブラは、2014年より日本の関東地方を中心に開催されている『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』を用いた、有志によるゲーム競技大会である。2019年より 一般社団法人 令和トーナメントが運営している[1]

概要[編集]

本大会の名称は、主催者のプレイヤー名「うめき」と「大乱闘スマッシュブラザーズ」を併せた造語である[2]

ユーザーが開催するeスポーツ大会としては日本最大級となっている。東京を中心に年に複数回開催され、その当時に発売されている「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズ最新作品の最新バージョンを用いる。本大会に開催参加資格はなく、オープントーナメントの形式を採る[3]

有志が開催する非公式大会ではあるが、アメリカのサードパーティ「Panda Global」社が公開する大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 競技向けプレイヤー世界ランキングでは、評価方法として日本の大会として最大の比重が置かれている[4]。そのため日本のプレイヤーのみならず海外のプレイヤーもエントリーする大会となっている。

闘会議2016[5], 2017[6], 2018[7] では、「『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』niconicoチャンピオンシップ2017@闘会議2017」の予選大会の運営をウメブラが担当した。

出典[編集]

  1. ^ reiwatournament (2019年4月9日). “一般社団法人 令和トーナメント” (日本語). 一般社団法人 令和トーナメント. 2019年8月13日閲覧。
  2. ^ 世界最強を決める地は日本――ウメブラ主催うめきの夢” (日本語). WELLPLAYED JOURNAL (2019年5月29日). 2019年8月14日閲覧。
  3. ^ ウメブラとは” (日本語). 関東 スマブラ オフ大会 ウメブラ. 2019年8月14日閲覧。
  4. ^ Spring 2019 #PGRU: 50-41” (英語). Red Bull. 2019年8月14日閲覧。
  5. ^ 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U niconico CS@闘会議2016” (日本語). ニコニコ生放送. 2019年8月14日閲覧。
  6. ^ 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』niconicoチャンピオンシップ2017@闘会議2017” (日本語). ニコニコ生放送. 2019年8月14日閲覧。
  7. ^ 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』niconicoチャンピオンシップ2018(メイン)@闘会議2018” (日本語). ニコニコ生放送. 2019年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]