ウミアイサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウミアイサ
ウミアイサのオス
ウミアイサ(オス) Mergus serrator

ウミアイサのメス

保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ウミアイサ属 Mergus
: ウミアイサ M. serrator
学名
Mergus serrator Linnaeus, 1758[1][2]
和名
ウミアイサ[2][3][4]
英名
Red-breasted merganser[1][2][3][4]

ウミアイサ(海秋沙[3]Mergus serrator)は、鳥綱カモ目カモ科ウミアイサ属に分類される鳥類。

分布[編集]

アイスランドスカンジナビア半島、シベリア、アラスカ、グリーンランドなどで繁殖する[2]。冬季になるとヨーロッパの大西洋地中海沿岸部、中華人民共和国東部、日本沿岸部、北アメリカ大陸沿岸部などで越冬する[3]

北海道で繁殖の記録ありとする書籍もあるが、カワアイサと誤認された可能性がある。

形態[編集]

全長48 - 66センチメートル[3]。翼長22 - 26センチメートル[3]。体重900 - 1,200グラム[3]虹彩は赤い[3][4]。嘴や後肢の色彩は赤い[3][4]

オスの頭部は光沢のある緑黒色で[3]、後頭が二段状に伸長する[4]。頸部に白い帯模様があり、その下に黒色斑が混じった褐色の帯模様が入る[3][4]。体側面は白色部と黒色部からなる細かい波状の斑紋があり、下面は白い[3][4]。メスやオスの非繁殖羽(エクリプス)は頭部が褐色で、頸部から体は灰褐色[4]

生態[編集]

越冬時は沿岸部や入江などに生息するが、沿岸部の湖などでみられることもある[3]。時々、砂浜に上がり休息している姿も観察される。群れで行動していることが多い。繁殖期は、亜寒帯や北部温帯淡水湖沼や河川に生息する。しばしば、小規模のコロニーを形成する。

主に魚類を食べるが、雛や幼鳥は甲殻類も食べる[3]

繁殖様式は卵生。岩陰や藪に営巣するが、樹洞に営巣したり巣箱を利用することもある[3][4]。7 - 10個の卵を産む[3]。抱卵期間は28 - 32日[3]。孵化した雛は母親が保護するが、後に1 - 2羽のメスが合流した雛を保護する[4]

人間との関係[編集]

分布が非常に広く、生息数は安定していると考えられ、2018年の時点では種として絶滅のおそれは低いと考えられている[1]。一方で森林伐採やダム建設などによる生息地の破壊、水質汚染、狩猟、害鳥としての駆除、漁業による混獲、鳥インフルエンザなどの感染症などによる影響が懸念されている[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e BirdLife International. 2018. Mergus serrator. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T22680485A132053220. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22680485A132053220.en. Downloaded on 08 January 2021.
  2. ^ a b c d 日本鳥学会 「ウミアイサ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、35 - 36頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 福田道雄 「ウミアイサ」『日本動物大百科 3 鳥類I』日高敏隆長久監修、平凡社、1996年、81頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 黒田長久、森岡弘之監修 「ガンカモ科の分類」『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、14 - 88頁。
  • 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年

関連項目[編集]