ウマル憲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウマル憲章(ウマルけんしょう)は638年にイスラーム教のカリフであるウマル・イブン・ハッターブエルサレム征服に伴い当時のエルサレム大主教であるソフロニオスと結んだ条約の名称である。条文はウィキソースこちらを参照。

ウマル憲章にはエルサレムに於けるキリスト教徒がイスラームに屈服し、ジズヤを支払う限りに於いて、厳しい制限つきながらも一定の権利を保障すると書かれている。後のズィンミー制度を形成する根幹となった文書でもある。

関連項目[編集]