ウバウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウバウオ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ウバウオ亜目 Gobiesocoidei
: ウバウオ科 Gobiesocidae
: ウバウオ属 Aspasma
: ウバウオ A. minima
学名
Aspasma minima
Döderlein, 1887
和名
ウバウオ

ウバウオ(姥魚、学名Aspasma minima)は、ウバウオ亜目ウバウオ科に属する魚類の一種。

概要[編集]

ウバウオは太平洋北西部に分布し、日本では青森県から沖縄にかけての海域に生息する。水深10mまでの浅い岩礁域に住み、アラメなど褐藻に吸着している姿がしばしば観察される。から眼を横切って走行する褐色の縦縞が特徴で、体長は6cm程度。頬や体部には斑点状の模様があるが、色彩や大きさは個体によってさまざまである。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]