ウズボイ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウズボイ川トルクメニスタンカラクム砂漠北西部を17世紀まで流れていた、アムダリヤ川分流

アムダリヤ川からサリカミシュ湖を経てカスピ海まで、およそ750kmを流れていた[1][2]

1950年代初頭に、おおむね干上がったウズボイ川に沿った灌漑用運河の建設が始まったものの、それは中止された。後に建設されたカラクーム運河は、ウズボイ川の流路とは異なるより南のルートをとっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Letole, Rene, et al., "Uzboy and the Aral regressions: A hydrological approach", Quaternary International, March 2007
  2. ^ Kozubov, Robert (2007年11月). “Uzboy”. Turkmenistan International Magazine. 2018年1月6日閲覧。