ウスバゼニゴケ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウスバゼニゴケ目
Blasia pusilla Strasburger1900.png
分類
: 植物界 Plantae
: ゼニゴケ植物門 Marchantiophyta
: ゼニゴケ綱 Marchantiopsida
亜綱 : ウスバゼニゴケ亜綱 Blasiidae
: ウスバゼニゴケ目 Blasiales
学名
Blasiales
(R.M. Schust.)[1] Stotler & Stotl.-Crand., 2000[2]

本文参照

ウスバゼニゴケ目(Blasiales)は、ゼニゴケ植物門(苔類)に所属する

概要[編集]

ウスバゼニゴケ目には現生のウスバゼニゴケ科と、絶滅した科である Treubiitaceae が所属する。上位分類については、ゼニゴケ目などと同じゼニゴケ綱に含め、本目のみでウスバゼニゴケ亜綱を構成する[3]。ただし、DNA解析の結果によって、本目をウスバゼニゴケ綱(Blasiopsida)として独立した分類群とするという考え方も提示されている[4]

下位分類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Schuster, R. M. (1984). “Diagnoses of some new taxa of Hepaticae”. Phytologia 56: 65–74. 
  2. ^ Crandall-Stotler, Barbara; Stotler, Raymond E. (2000). “Morphology and classification of the Marchantiophyta”. In A. Jonathan Shaw & Bernard Goffinet (Eds.). Bryophyte Biology. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 21–70. ISBN 0-521-66097-1. 
  3. ^ Crandall-Stotler, Stotler & Long. 2009. Phylogeny and classification of the Marchantiophyta. Edingurgh Journal of Botany 66(1): 155-198.
  4. ^ 日本植物分類学会ニュースレター No.15 (2004年11月) [1]