ウサギコウモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウサギコウモリ
Plecotus auritus 01.jpg
保全状況評価
絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト
Status jenv VU.png
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: コウモリ目 Chiroptera
: ヒナコウモリ科 Vespertilionidae
: ウサギコウモリ属 Plecotus
: ウサギコウモリ P. auritus
学名
Plecotus auritus
(Linnaeus, 1758)
和名
ウサギコウモリ
英名
Brown Long-eared Bat

ウサギコウモリ(兎蝙蝠、Plecotus auritus)は、コウモリ目(翼手目)・ヒナコウモリ科ウサギコウモリ属に分類されるコウモリの一種。比較的大きめな主にヨーロッパに分布するコウモリ。大きな折れ曲がった特徴的な耳を持つ。より数少ない灰色のウサギコウモリgrey long-eared batもいるため、1960年代にはじめてこれと区別がつけられBrown Long-eared Batと呼ばれている。日本にいるウサギコウモリはニホンウサギコウモリP. sacrimontis)で別の種である。

分布[編集]

ヨーロッパ(イギリスやフランス)に広く分布するがギリシャ、イタリア南部、スペイン南部では見つかっていない。イギリス国内の分布図は National Biodiversity Networkウエブサイトを参照

特徴[編集]

成体は前腕長4-4.2 cm、頭胴長4.5-4.8 cm、尾長4.1-4.6 cm、体重5-13g。大きな耳は3.3-3.9 cmになり、これが他のコウモリと大きく違う点になる。

他の種のコウモリに比較して、飛ぶ早さが遅い。

主に洞窟に住むが、樹洞、人工物(建物やバットボックス)も利用する。樹洞の場合は比較的地面に近い場所で見つかる事が多い。

森林で飛翔する昆虫(主として蛾)を食べるが葉上や樹皮の虫類も接種する。昼間に見られる事も度々ある。この種はエコロケーションよりも視覚に頼って行動していることが分かっている(Stevens 2005)。

エコロケーション(反響定位)[編集]

獲物の捕獲のためにエコロケーションを使用している。周波数は27-56 kHzで 45 kHzがもっとも大きく、約2.5秒の長さである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]