ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗
Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic.svg
用途及び属性 現在使われていない歴史的な旗?
縦横比 1:2
制定日 1950年7月5日
使用色 赤色紺青色金色
根拠法令 ウクライナソビエト社会主義共和国の国旗に関する規則
テンプレートを表示

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国旗は、その施行規則によれば「ウクライナ共和国の主権、他の対等なソビエト連邦構成共和国との自発的交流、労働者・農民・知識人の破られることのない団結、共産主義社会を築くすべての民族・国籍の労働者の友好と兄弟愛の象徴」とされる[1]

変遷[編集]

1917年12月にハリコフで発足したソビエト派ウクライナ人民共和国(後にウクライナ・ソビエト共和国を経てウクライナ社会主義ソビエト共和国となる)は、ロシア共和国人民委員会議ロシア語版が唯一の合法的なウクライナ政府と認めたものであった[2]。現代のいくつかのソースでは、ウクライナ人民共和国の国旗はカントンに青と黄色の水平帯(これは上下逆の場合もある)を表示した赤旗とされているが、これには同時代の史料に言及がないという異論もある[2]

現在使われていない歴史的な旗ソビエト派ウクライナ人民共和国の国旗

その後、ウクライナ革命ウクライナ語版を経て1919年1月6日にボリシェヴィキがウクライナ社会主義ソビエト共和国の成立を宣言すると、3月14日に全ウクライナ中央執行委員会は最初のウクライナ共和国憲法を承認した[2]

第35条:ウクライナ社会主義ソビエト共和国の商船旗、海軍旗、軍旗は、左隅旗竿付近上部に金文字で «У.С.С.Р.» ないし «Украинская Социалистическая Советская Республика» と表示した赤色(緋色)の布である。

実際には、この時期にはロシア共和国の国旗と同様に国名の文字が金枠で分割されたものや、国名表記がロシア語«У.С.С.Р.» ではなくウクライナ語«У.Р.С.Р.» とされたもの、さらに赤旗でなく青と黄色の水平二分旗上に «У.Р.С.Р.» と表示したものも使用されていたとみられる[2]

現在使われていない歴史的な旗 1919年1月6日から1921年8月10日までと、1923年1月23日から1929年6月23日までの国旗

1921年8月10日、中央執行委員会は国旗について「金枠で囲まれ、金文字で «УССР» と表示した赤い領域を左隅に持つ」とする委員会令を承認した[2]

現在使われていない歴史的な旗 1921年8月10日から1923年1月23日までの国旗

しかし、ソビエト連邦発足に際して1923年1月23日に中央執行委員会が承認した商・漁船および国の旗章に関する定めにおいては、国旗のデザインは1919年からのものへと戻されている[3]1926年4月3日にウクライナ共和国NKVDが公布した規則にはこうある[4]

  1. ウクライナ社会主義ソビエト共和国の国旗は、左上部旗竿付近に金文字で «УССР» ないし «Украинская Социалистическая Советская Республика» と表示した長方形の赤い布である。
  2. 布色は真紅ないし赤でなければならない。色濃度については異なるものも許容されるが、色調については赤に近いものとし、他のいかなる色(黄、茶、赤紫など)とも混色してはならない。
  3. []
  4. 布の大きさは、高さにおいて半メートルを下回ってはならず、幅は高さの1倍半以上でなければならない。

1927年7月には、ウクライナ人民委員会議ロシア語版および中央執行委員会が「言語の平等およびウクライナ文化の発展の実現について」の勧告を発し[5]、また、行政法によっても「国旗において、表記される言語はウクライナ語でなければならず、民族地域ではウクライナ語に加え少数民族語でも国旗に注記が許可されるべきであると言わざるを得ない」と求められた[6]。そして、1929年6月23日からの新憲法第81条により、国名のウクライナ語表記 «У.С.Р.Р.» は正式なものとなった[2]

ウクライナ社会主義ソビエト共和国の国旗は、左上部旗竿付近に金文字で «УСРР» ないし «Українська соціялістична радянська республіка» と表示した赤(紫)色の布である[7]
現在使われていない歴史的な旗 1929年6月23日から1937年1月30日までの国旗

1937年1月30日からのソ連憲法(いわゆるスターリン憲法)の第144条により、ウクライナの国旗には鎌と槌が追加され、代わりに国名は略記以外認められなくなった(ただし、1945年国連本部に掲げられたウクライナ国旗には «Українська С.С.Р.» の文字があった)[2]

第144条:ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗は、左上部旗竿付近に金色の鎌と槌、そして «УРСР» の文字を表示した赤い布である。
現在使われていない歴史的な旗 1937年1月30日から1949年11月21日までの国旗
現在使われていない歴史的な旗 1949年11月21日からソ連崩壊までの国旗とその細則

1949年11月21日に採択され、翌1950年7月5日にウクライナ最高会議ロシア語版が承認した「ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗に関する規則」により、新たなウクライナ国旗は次のように定められた[8]

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗は、上から高さの3分の2分を赤、下から高さの3分の1分を紺青の、2本の水平帯からなる矩形の赤い布であり、上部の領域の旗竿から幅3分の1の位置に、金色の鎌と槌、その上部に金枠で囲まれた五芒星を表示する。旗の大きさは、高さに対する幅の比を1:2とする。

紺青色の帯は、雄大さや人民の美しさ、そしてボフダン・フメリニツキーを象徴するものと説明された[2]1981年4月6日には、ウクライナ最高会議幹部会令により、国旗に関する細則が補足された[1]

鎌と槌は、旗の高さの4分の1を辺長とする正方形に内接する。鎌の鋭端は正方形の上辺中点に接し、鎌と槌の柄は正方形の下辺両端に接する。槌の柄の長さは正方形の対角線の4分の3を占める。五芒星は、正方形の上辺に接し、旗の高さの8分の1を直径とする円に内接する。星と鎌と槌の垂直軸から旗竿までの距離は、旗の高さの3分の1に等しい。旗の上辺から星の中点までの距離は、旗の高さの8分の1に等しい。

1980年代後半からすでに、青と黄色の水平二分旗は非公式な国旗として全国に広まっていたが、1991年8月24日にウクライナソビエト連邦から独立し、同年9月18日に青黄旗は合法化された[9]。そして、翌1992年1月28日、青黄旗は新たなウクライナ国旗となった[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b Указ Президиума Верховного Совета Украинской ССР от 6 апреля 1981 года об утверждении «Положения о Государственном флаге Украинской Советской Социалистической Республики».
  2. ^ a b c d e f g h Флаги Советской Украины”. Вексиллография. 2016年2月18日閲覧。
  3. ^ Постановление Президиума ВУЦИК от 15 января 1923 г. «Об утверждении флагов, герба и печати Республики по проекту НКЮста».
  4. ^ Инструкция Народного Комиссариата внутренних дел от 3 апреля 1926 г. «О порядке пользования учреждениями и организациями государственным флагом УССР, а также вывешивания флагов частными лицами».
  5. ^ Постановление ВУЦИК и СНК УССР от 6 июля 1927 г. «Об обеспечении равноправия языков и развития украинской культуры».
  6. ^ Административный кодекс УССР. Текст и частный комментарий. Под редакцией С. Канарского и Ю. Мазуренко. /Харьков, 1929 год, стр. 310—315.
  7. ^ Конституція (основний закон) Української соціялістичної радянської республіки.”. Верховна Рада України. 2016年2月18日閲覧。
  8. ^ Закон Української Радянської Соціалістичної Республіки Про затвердження Указів Президії Верховної Ради Української РСР "Про Державний герб Української РСР" та "Про Державний прапор Української РСР"”. Ліга Закон. 2016年2月18日閲覧。
  9. ^ a b Государственный флаг Украины”. Вексиллография. 2016年2月18日閲覧。