ウォーロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オペラ『メフィストフェーレ』におけるウォーロックの衣装デザイン。

ウォーロックとはウィッチクラフトを行う男性である[1]

語源[編集]

ウォーロックの語源として最も広く受け入れられている単語は、古英語の ƿǣrloga である[2]。 ƿǣrloga は「誓いを破る者」・「騙す/裏切る者」を意味していたが、西暦1000年前後には特に「悪魔」を指す語として転用されるようになった[3]。 この語が男性のウィッチを指して用いられるようになったのは、近世のスコットランドにおいての事である(ウィッチという語は元来は性を問わなかったが、歴史的には主に女性を指して使用されてきた)[4][5][6]。この男性ウィッチを指す用法は、ウォルター・スコットの著作を通じてスコットランド外にも流布して行った[7]

この他、古ノルド語の varð-lokkur (精霊を呼ぶ者) にその由来を求める説もある[8][9][10]。しかしこの varð-lokkur という語自体の用例は殆ど確認されておらず、また「ック」という子音はウォーロックの古形にあたる英単語には存在しないにも関わらず varð-lokkur はこれを含んでいる。以上の理由からオックスフォード英語辞典はこの説に対して否定的な立場を取っている[11]

歴史[編集]

近世スコットランドにおける魔女裁判英語版の犠牲者の大部分は女性であったが、その中には「ウォーロック」であるとして処刑される男性もあった[12][13][14]

ジョン・ネイピアは若い頃占いやオカルトに関心を抱いていたため、ウォーロックや魔術師であると捉えられることがしばしばあったが、その高い地位のおかげで告発される事はなかったとされる[15][16]

出典[編集]

  1. ^ Definition of warlock”. English Oxford Living Dictionaries. Oxford University Press. 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ “Warlock”. Oxford English Dictionary (2nd ed.). Oxford University Press. (1989). http://dictionary.oed.com 
  3. ^ warlock”. Online Etymology Dictionary. 2020年8月11日閲覧。
  4. ^ McNeill, F. Marian (1957). The Silver Bough: A Four Volume Study of the National and Local Festivals of Scotland. 1. Glasgow: William Maclellan 
  5. ^ Chambers, Robert (1861). Domestic Annals of Scotland. Edinburgh. https://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.47427 
  6. ^ Sinclair, George (1871). Satan's Invisible World Discovered. Edinburgh 
  7. ^ The Oxford Dictionary of Word Origins s.v. warlock
  8. ^ Cleasby, R.; Vigfusson, G. (1874). An Icelandic-English Dictionary. London: Macmillan 
  9. ^ Olsen, M. (1916). Maal Og Minne. Oslo: Bymalslaget 
  10. ^ Loewe, M.; Blacker, C. (1981). Oracles and Divination. London: George Allen & Unwin. p. 130. "'Vardlokkur'...is related to the Scots dialect word 'warlock', wizard, and the meaning is thought to relate to the power to shut in or enclose"" 
  11. ^ Oxford English Dictionary, (online) 2nd Edition (1989): "ON. varðlokkur wk. fem. pl. ... incantation, suggested already in Johnson, is too rare (? occurring once), with regard to the late appearance of the -k forms, to be considered."
  12. ^ Thomas Thomson, A History of the Scottish People from the Earliest Times (1896), page 286: "Where one man suffered as a warlock, ten women at least were executed as witches."
  13. ^ Robert Chambers, Domestic Annals of Scotland: From the Reformation to the Revolution (1874), page 244
  14. ^ Journal of Jurisprudence and Scottish Law Magazine (1891), Execution of the Judgment of Death, page 397: "We read (Law's Memor. Pref. lix.) that 'one John Brugh, a notorious warlock (wizard) in the parochin of Fossoquhy, by the space of thirty-six years, was worried at a stake and burned, 1643.'"
  15. ^ Roger A. Mason, Scots and Britons: Scottish Political Thought and the Union of 1603 (2006, ISBN 0521026202), page 199
  16. ^ Julian Havil, John Napier: Life, Logarithms, and Legacy (2014, ISBN 1400852188), page 19