ウォード・カニンガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウォード・カニンガム
60歳前半の笑顔の髭の生えた男性。メガネを掛けていて、フリースジャケットを着ている。
2011年12月のカニンガム
生誕 Howard G. Cunningham
(1949-05-26) 1949年5月26日(69歳)
アメリカ合衆国 Michigan City, Indiana
住居 アメリカ合衆国 Portland, Oregon
出身校 パデュー大学
職業 コンピューター・プログラマー
活動期間 1984年–現在
著名な実績 WikiWikiWeb: 世界初のwikiの実装
コールサイン K9OX

ハワード・ウォード・カニンガム(Howard G. "Ward" Cunningham、1949年5月26日 - )[1]は、世界初のウィキを開発したアメリカ合衆国コンピュータ・プログラマーである。デザイン・パターンおよびエクストリーム・プログラミングのパイオニアでもある。彼は1994年にWikiWikiWebを開発し始め、1995年3月25日に自分のソフトウェアコンサルタントのウェブサイトである Cunningham_&_Cunningham英語版(ドメイン名のc2.comとしても有名)に、Portland_Pattern_Repository英語版のアドオンとしてインストールした。彼は、アジャイル・マニフェストの17人の元署名者の1人でもある。

彼はオレゴン州ビーバートンに住んでおり、New Relicのプログラマーとして働いている[2]。それ以前はCitizenGlobalのCo-Creation Czarを務めていた[3]ナイキのCode for a Better World Fellowも務めている[4]

彼は、The Wiki Way英語版というタイトルのwikiに関する書籍を著したり、 Framework_for_Integrated_Tests英語版というテストフレームワークを開発した。ウィキの研究と実践に関するカンファレンスWikiSym英語版の初めの3回でキーノートスピーチを行い、Wikimedia Developer Summit 2017でもキーノートスピーチを行った[5]

概要[編集]

カニンガムは、コンピュータ上で共同作業により文章の編集を行うツールおよび概念である「WikiWiki」(ウィキウィキ)の発明者である。1995年に最初のウィキサイトである『Portland Pattern Repository』をインターネット上に創設した。「Wiki Wiki」はハワイ語で「速い、速い」を意味し、ウォード・カニンガムがホノルル国際空港内を走る「Wiki Wikiシャトルバス英語版」からとった。

また、アジャイルソフトウェア開発方法論「エクストリーム・プログラミング」の主唱者の一人でもある。

2003年12月からはマイクロソフト社のパターン&プラクティスグループにおいてアーキテクトを務めた。2005年10月に退社し、Eclipse財団のコミッターコミュニティ開発ディレクターに就任。

著者に『Wiki Way―コラボレーションツールWiki』(ボウ・ルーフとの共著、2001年 ISBN 4797318325)がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]