ウォーデンクリフ・タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォーデンクリフ・タワー
Wardenclyffe Tower.jpg
情報
用途 電波塔
設計者 ニコラ・テスラ
構造形式 鉄骨造
状態 解体
高さ 57m
着工 1901年
竣工 1905年
解体 1917年
所在地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド、ショアハム
座標 北緯40度56分51.3秒 西経72度53分53.5秒 / 北緯40.947583度 西経72.898194度 / 40.947583; -72.898194座標: 北緯40度56分51.3秒 西経72度53分53.5秒 / 北緯40.947583度 西経72.898194度 / 40.947583; -72.898194
テンプレートを表示
ウォーデンクリフ・タワーの跡地に立つニコラ・テスラの像

ウォーデンクリフ・タワー (Wardenclyffe Tower) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドのショアハムにかつて存在した高さ57メートルの電波塔である。1905年に電波による通信、送電の実験を目的として建設された[1]

概要[編集]

ニコラ・テスラの計画した『世界システム』と呼ばれる無線送電無線通信放送を目的として[1]J・P・モルガンの援助により建設された。内部にはテスラコイルが設置され、使用された電磁波は150kHzで長波帯の周波数のものだったが、周波数が低すぎて電力の伝送は失敗した[2][3]。その後、J・P・モルガンから追加の資金援助を打ち切られたため運用されなくなり[1]第一次世界大戦にアメリカが参戦すると攻撃の標的になるとされ、1917年に解体・撤去された[1]。 跡地には現在、ニコラ・テスラの業績を展示するテスラサイエンスセンターがある。

その他[編集]

21世紀になって同様の概念の搭を建設する構想がある[1][4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度56分51.3秒 西経72度53分53.5秒