ウォーク・ディス・ウェイ (エアロスミスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォーク・ディス・ウェイ
Aerosmithシングル
初出アルバム『Toys in the Attic
B面 Uncle Salty
リリース
規格 7inchレコード
録音 アメリカ合衆国の旗 Record Plant
ジャンル ハードロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 Steven Tyler
Joe Perry
プロデュース Jack Douglas
チャート最高順位
Aerosmith シングル 年表
Sweet Emotion
(1975年)
Walk This Way
(1975年)
You See Me Crying
(1975年)

Home Tonight
(1976年)

Walk This Way
(1976年)

Back in the Saddle
(1977年)
ミュージックビデオ
「Walk This Way (Live)」 - YouTube
テンプレートを表示

ウォーク・ディス・ウェイ」(Walk This Way)は、1975年8月28日に発売されたエアロスミスシングル。発売元はColumbia Records。邦題は「お説教」(おせっきょう)[2]

収録曲[編集]

A-SIDE
  1. Walk This Way [3:40]
    (作詞・作曲:Steven Tyler, Joe Perry / 編曲:Aerosmith, Jack Douglas)
B-SIDE
  1. Uncle Salty [4:08]
    (作詞・作曲:Tom Hamilton / 編曲:Aerosmith, Jack Douglas)

タイアップ[編集]

Run–D.M.C.によるカバー[編集]

Walk This Way
Run-D.M.C.シングル
初出アルバム『Raising Hell
リリース
規格 12inchレコード
ジャンル ヒップホップ, ハードロック
時間
レーベル Profile Records
作詞・作曲 Steven Tyler
Joe Perry
プロデュース Rick Rubin, Russell Simmons
ゴールドディスク
チャート最高順位
Run-D.M.C. シングル 年表
My Adidas
(1986年)
Walk This Way
(1986年)
You Be Illin'
(1986年)
ミュージックビデオ
「Walk This Way」 - YouTube
テンプレートを表示

ヒップホップ・グループRun-D.M.C.1986年5月15日にリリースしたアルバム『Raising Hell』でカバー。1986年7月4日Profile Recordsからシングルをリリースした。このカバーではエアロスミスからボーカルのスティーヴン・タイラー、ギターのジョー・ペリーがレコーディングに参加。ミュージック・ビデオにも出演している。

スティーヴン・タイラーによると、Run-D.M.C.は当初この楽曲にラップを載せることに嫌悪感を示していたが、曲のリズムが彼らを捕らえ、Run-D.M.C.のプロデューサーのリック・ルービンから「彼らとデュエットしてくれないか?」と頼まれたという。スティーヴンは「初めてラップとロックを融合したバンドであることを名誉に思うよ」と話している[14]

2011年ローリング・ストーン誌が発表した「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では293位に選ばれた[15]

収録曲[編集]

A-SIDE
  1. Walk This Way [3:38]
    Produced by Rick Rubin, Russell Simmons
    (作詞・作曲:Steven Tyler, Joe Perry)
  2. Walk This Way (Instrumental) [3:38]
B-SIDE
  1. My Adidas [2:47]
    Produced by Rick Rubin, Russell Simmons
    (作詞・作曲:Darryl McDaniels, Joseph Simmons, Rick Rubin)

クレジット[編集]

Walk This Way

受賞・ノミネート[編集]

音楽賞 結果
1987年 ソウル・トレイン・ミュージック・アワード1987 最優秀ラップ・シングル賞 受賞

タイアップ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]