ウォーキング・デッド シーズン3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
The Walking Dead: A New Frontier
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows
iOS
Android
開発元 Telltale Games
発売元 Telltale Games
販売元 ワーナー・ブラザース
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 アメリカ合衆国の旗2016年12月20日
エンジン Telltale Tool
その他 Telltaleシリーズ作
シーズン1
シーズン2
シーズン3
シーズン4
en:The Walking Dead: Michonne』(外伝)
テンプレートを表示

ウォーキング・デッド シーズン3』(原題:The Walking Dead: A New Frontier)は、アメリカのゲームスタジオTelltale Gamesが開発し、グローバル版が2016年12月から発売されたコンピュータゲーム。『ウォーキング・デッド(シーズン1)』および『シーズン2』の続編。[1]

概要[編集]

ゲームの世界観や時間軸は「ウォーカー(ゾンビ)」の大群が蔓延している前作(シーズン1および2)から継続しており、5つのエピソードで構成される。前作のセーブデータを引き継ぐこと、また前作やそのセーブデータが無くても新規ゲーム開始時に前作までの経緯を設定することが可能で、それによってゲーム展開がいくらか変化する。[2]

ゲームシステムは前作同様『ポイント&クリック』のアドベンチャーゲームで、プレイヤーキャラクターを操作して様々なオブジェクトを調べたり人物と話をするなどしてゲームを進行させる。会話など多くの決断選択には時間制限があり、また戦闘時などでもアクション要素(QTE)が存在する。プレイヤーの選択や操作によって展開が分岐し、登場人物の生死やエンディングも変化する。

グローバル版は2016年12月から2017年5月まで1-3ヶ月間隔で1エピソードずつ、全5エピソードがリリースされた。音声は英語のみで、字幕およびインターフェイス文字は9ヶ国語[3]に対応している(日本語未対応)。

ストーリー[編集]

数年前、ゾンビアポカリプスが今始まろうとしていた頃。父危篤の報を聞いたハビエルは実家に戻るが、父の臨終には間に合わず、兄のデイビッドはハビエルに激怒する。すると父がウォーカー(ゾンビ)化し、母と叔父が噛まれてしまう。デイビッドは母を連れ、車で急ぎ病院へと向かう。

現在の時間軸。ハビエルは残る一家のケイト・ゲイブ・マリアナと共に、ウォーカーを避けながら車で移動生活をしていた。廃品場で物資を探索していた時、食料が多数収納されたトレーラーハウスを発見。しかしその居住者とみられる集団に襲われてハビエルは気を失い、拘束されて一人トラックで他所へ移送されてしまう。

その頃、単身でサバイバル行動中のクレメンタインは車を奪うため、道路に木を倒して偶然通りかかったトラックをクラッシュさせる。運転手は逃亡し、クレメンタインは残った助手席の男を脅すが、その男こそ拘束されていたハビエルであった。ハビエルは廃品場へ戻り家族を救出するため、クレメンタインはハビエルの車を報酬として得るため、まずは一時的に手を組んで同行し始める。そして、ハビエルらを襲った集団はリッチモンドにある「ニューフロンティア」と呼ばれる攻撃的な生存者コミュニティのメンバーであることが明らかになる。

登場人物[編集]

前作(シーズン2)で登場した人物が何名か引き続き登場する。

ハビエル・ガルシア(ハビ)
声 - ジェフ・シーン
本作のプレイヤーキャラクター。賭博に関与したことで野球界から追放された、元ボルチモア所属のプロ野球選手遊撃手)。独身。
実家の両親や親戚はスペイン語を話す。
クレメンタイン(クレム)
声 - メリッサ・ハッチソン
前作の主人公の少女。前作から更に年月を経てサバイバル能力を成長させている。[4]
前作までの経緯(前作のマルチエンディング)で何を選択したかによって、彼女の傷の有無やフラッシュバックが変化する。
デイビッド・ガルシア
声 - アレックス・フェルナンデス
ハビエルの兄で元軍人。妻や弟を愛してはいるが、軍人気質で口調は厳しい。両親の寵愛を受けながら自由に生き、父の臨終にも遅れたハビエルを「放蕩息子」と言い放っている。
ハビエルらと生き別れたが、後に「ニューフロンティア」の幹部(警備責任者)となっている事実が明らかになる。
ケイト・ガルシア
声 - シェリー・シェノイ
デイビッドの後妻。デイビッドや前妻の子であるゲイブとの関係に心を悩ませている。「ニューフロンティア」の連中に襲撃され重傷を負う。
ガブリエル・ガルシア(ゲイブ)
声 - レイモンド・オチョア
デイビッドと前妻との子。マリアナの兄。
思春期の難しい年頃であり、継母であるケイトに対しては特に口が悪い。しかしケイトが重傷を負ってからは懸命に彼女を助けようとしている。
マリアナ・ガルシア(マリ)
声 - Vale De La Maza
デイビッドと前妻との子。ゲイブの妹。素直な性格で、音楽プレイヤーを常に持ち歩いている。
トリップ
声 - トロイ・ホール
滑走路上に造られたバリケード街「プレスコット」のリーダー格の男性。
ウォーカーに追われていたハビエルとクレメンタインを街の中へ避難させる。以降二人と行動を共にする。
エレノア
声 - ケリー・クロウダー
「プレスコット」で医療を担当するアジア系の女性。ハビエルやケイトらを治療する。以降ハビエルたちと行動を共にする。
コンラッド
声 - ウィリアム・C・ステフェンス
「プレスコット」のバーテンダーである黒人男性。ポーカー仲間の女性フランシーンといい関係だが、「ニューフロンティア」の連中に彼女を殺されてしまう。以降ハビエルたちと行動を共にする。
マックス
声 - シーン・リンチ
「ニューフロンティア」に所属するニット帽を被った男。廃品場でハビエルを捕らえた集団の中ではリーダー格。
バジャー
声 - ジョン・カリー
「ニューフロンティア」に所属するスキンヘッドの黒人男性。マックスより好戦的で、独断でフランシーンを人質に取り「プレスコット」への攻撃を始める。
エヴァ
声 - アリー・ジョンソン
「ニューフロンティア」のスカウト。スキンヘッドの若い黒人女性。
大勢のウォーカーに追われていた所をクレメンタインに助けられ、その際クレメンタインを「ニューフロンティア」に誘う。過去にはデイビッドも組織に招き入れている。
ジョーン
声 - ジェイン・タイーニ
「ニューフロンティア」の外交取引責任者。アジア系の中年女性。
ニューフロンティアはジョーン・デイビッド・リンガード・クリントの幹部4名による合議制で組織を取り仕切っている。
ポール・リンガード
声 - ユーリ・ローエンタール
「ニューフロンティア」の医師で、医療部門責任者。30-40代の白人男性。持病の治療薬の影響で薬物中毒傾向がある。
クリント
声 - アンドリュー・ヘイル
「ニューフロンティア」の食品管理責任者。40代の白人男性。
ポール(ジーザス)
声 - ブランドン・キーナー
「ジーザス」はニックネーム。「ニューフロンティア」に襲われてグループと逸れ、単身行動していた際にハビエルらと出会う。優れた体術と知恵を有する。
原作およびテレビドラマシリーズ(シーズン6以降)にも登場する男性。
ケニー
声 - ギャビン・ハモン
前作の登場人物。前作までの経緯で「ケニーと共に行く」結末を選択していた場合、フラッシュバックで登場する。
ジェーン
声 - クリスティーン・レイキン
前作の登場人物。前作までの経緯で「ジェーンと共に行く」結末を選択していた場合、フラッシュバックで登場する。
アルヴィンJr.(A.J.)
前作でクレメンタインらが守った乳児。フラッシュバックで登場する。

敵キャラクター[編集]

ウォーカー
作中に登場するゾンビ。行動様式や撃退法などはテレビドラマ版と概ね共通(『ウォーキング・デッド#ウォーカー』を参照)。
ハビエルやその家族たちは「ムエルト(Muerto:スペイン語で"死者"の意)」と呼んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ Telltale版『ウォーキング・デッド』シーズン3海外発売映像!新キャラ"ハビエル"も活躍”. Game*Spark (2016年12月12日). 2016年12月30日閲覧。
  2. ^ ゲーム版「ウォーキング・デッド」シーズン3、新規プレイヤーを歓迎”. IGN JAPAN(産経デジタル) (2016年12月2日). 2017年1月11日閲覧。
  3. ^ 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、アラビア語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、中国簡体字、中国繁体字。
  4. ^ 年齢は明言されていないが、ゲーム内でエヴァと初対面した時点では13歳程度であることが示唆されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]