ウォルター・バジョット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォルター・バジョット

ウォルター・バジョット(Walter Bagehot, 1826年2月3日 - 1877年3月24日)は、イギリスジャーナリスト評論家経済学者思想家

人物[編集]

1826年にサマセット州ラングポートで銀行家の一人息子として誕生。25歳の時、パリへの旅行中、ルイ・ナポレオンクーデターを目撃した。この体験が契機となり、エドマンド・バーク保守主義の政治思想に傾倒した。

評論家としては、政治・経済・社会・文芸・歴史・人物と幅広い分野を対象とした。また、『イギリス憲政論』は、君主制擁護論として、バークの『フランス革命の省察』に次ぐ、政治学の古典となっている。

35歳から51歳で死去するまでの期間、『エコノミスト』紙の編集長を務めた。1873年には、中央銀行の〈最後の貸し手〉機能の重要性を説いている[1]

著書[編集]

Lombard Street, 1873

著書(邦訳)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田中素香 『ユーロ危機とギリシャ反乱』 岩波書店2016年、59頁。ISBN 978-4-00-431586-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]