ウォリック・タッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウォリック・タッカー(Warwick Tucker、1961年 - )は、ウプサラ大学に所属するオーストラリア人数学者である。専門は力学系カオス理論、計算数学である[1]。2002年にR. E. Moore賞[2]、2004年にはヨーロッパ数学会賞を受賞している[3]。1998年にウプサラ大学レンナルト・カルレソンの指導の下、博士号を取得した(博士論文名:The Lorenz attractor exists[4]。 2002年には区間演算を使って未解決だった14番目のスメイルの問題を解決している[5] 。著書にValidated Numerics:A Short Introduction to Rigorous Computations (プリンストン大学出版より刊行)がある。

出典[編集]

  1. ^ CAPA: Warwick”. 2.math.uu.se. 2015年7月16日閲覧。
  2. ^ Warwick Tucker Receives First R. E. Moore Prize”. Cs.utep.edu (2002年2月13日). 2015年7月16日閲覧。
  3. ^ EMS Prizes”. Math.kth.se (2004年6月28日). 2015年7月16日閲覧。
  4. ^ The Mathematics Genealogy Project - Warwick Tucker”. Genealogy.math.ndsu.nodak.edu. 2015年7月16日閲覧。
  5. ^ Tucker, Warwick (2002). “A Rigorous ODE Solver and Smale’s 14th Problem”. Found. Comput. Math: 53–117. http://www2.math.uu.se/~warwick/main/rodes/JFoCM.pdf. 

代表的な論文[編集]

単著[編集]

  • Computing accurate Poincaré maps, W Tucker - Physica D: Nonlinear Phenomena, 2002.
  • Robust normal forms for saddles of analytic vector fields, W Tucker - Nonlinearity, 2004.

共著[編集]

  • Parameter reconstruction for biochemical networks using interval analysis, W Tucker, V Moulton - Reliable computing, 2006.
  • S-system parameter estimation for noisy metabolic profiles using Newton-flow analysis, Z Kutalik, W Tucker, V Moulton - IET Systems Biology, 2007.
  • Estimating parameters for generalized mass action models using constraint propagation, W Tucker, Z Kutalik, V Moulton - Mathematical biosciences, 2007.
  • Rigorous parameter reconstruction for differential equations with noisy data, T Johnson, W Tucker - Automatica, 2008.
  • Enclosing all zeros of an analytic function—A rigorous approach, T Johnson, W Tucker - en:Journal of Computational and Applied Mathematics, 2009.
  • A note on the convergence of parametrised non-resonant invariant manifolds, T Johnson, W Tucker - Qualitative Theory of Dynamical Systems, 2011.

外部リンク[編集]