ウェンディ・カルロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェンディ・カルロス(Wendy Carlos、1939年11月14日 - )は、アメリカ作曲家シンセサイザー奏者。元の名前はウォルター(Walter)で、男性であったが女性に性転換したことに伴いウェンディと改名した。ブラウン大学で音楽を学び、コロンビア大学で作曲の修士号を取得した。

実質デビューとなった「スウィッチト・オン・バッハ」ではモーグ・シンセサイザーを駆使したバッハ作品の演奏で、グレン・グールドも絶賛し、新しいバッハ演奏の規範として一世を風靡した。シンセサイザーを用いた最初期の作品としてこのアルバムが及ぼした影響は大きく、冨田勲シンセサイザーを購入し一連のオリジナル・アルバムを制作。また高橋悠治によるシンセサイザー版のバッハの『フーガの技法』から、アニメ『スペースコブラ』におけるBGMオルガン演奏にまで影響を与えたとされている。

また、映画『時計じかけのオレンジ』や『シャイニング』、『トロン』における音楽も担当した。

商業的な成功とは別に、新しい音律微分音への興味も高く、様々な試行の末、「α・スケール」「β・スケール」「γ・スケール」と名づけられる3つの特殊な調律の音階を考案した。

外部リンク[編集]