ウェルニッケ脳症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウェルニッケ脳症
Hypothalamus image.png
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
神経学
ICD-10 E51.2
ICD-9-CM 291.1
DiseasesDB 14107
MeSH D014899

ウェルニッケ脳症 (ウェルニッケのうしょう、:Wernicke's encephalopathy)とは、ビタミンB1(チアミン)の欠乏によって起こる脳症のこと。ビタミンB1の欠乏だけでも発症するが、アルコール多飲者に多くおこるため、アルコールも複合的に影響しているといわれている。ドイツの神経科学者で外科医のカール・ウェルニッケの名からつけられた。

症状[編集]

ウェルニッケ脳症はビタミンB1欠乏症により、運動失調(記憶障害を伴う)コルサコフ症候群を引き起こす。眼球運動障害をおこすこともあり、外側に目を動かせなくなり寄り目になってしまうことがある。運動失調では、急激に歩行が不安定になりどこかにつかまりながら歩くようになる。意識障害については、特に特徴的な症状はなく、軽い意識障害からこん睡状態になることもある。ウェルニッケ脳症がある程度回復してくると、目がゆれて、物が二重に見えたり、めまいがしたりする。精神的な症状により、無力や無気力になり、うつになってしまうこともある。

原因[編集]

飢餓による栄養障害は現在では非常に少なくなったが、胃切除術後のビタミン摂取不良[1]、アルコールの多飲やインスタント食品の偏食による栄養の偏りなどが発症要因になる。またかつては厚生省が保険診療において妊娠悪阻の点滴にビタミンB1を入れることを認めていなかったため妊娠悪阻(おそ)(つわり)で食事ができなくなって長期に点滴治療を受けたところ、それが原因の ビタミンB1 不足で発症した例なども報告されている。

治療法[編集]

早い段階でビタミンB1を投与を行うことが良いとされる。数日間ビタミンB1を1日1000mgほど静脈注射し、その後は150mgほど内服で補充する場合が多い。また、アルコール依存症を伴っているケースが多いため、アルコール依存症に対するリハビリや末梢神経障害等、ビタミンB1が欠乏していることにより引き起こされ得る障害に対するリハビリテーションが必要となる場合がある。

出典[編集]

  1. ^ 岡田真一、中里道子、井上博 ほか、「胃切除4年後に発症したウェルニッケ脳症の1例 」 精神医学 (1998) 40巻 3号 p.311-314, doi:10.11477/mf.1405904512

関連項目[編集]

外部リンク[編集]