ウェブ・ファースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウェブ・ファースト (Web first) とは、新聞社が記事を公開するタイミングについて、媒体よりもウェブ媒体を優先させる方針のことである[1]

2005年6年頃に欧米の新聞社から広がった。

日本でのウェブ・ファースト[編集]

日本では産経新聞がこの方針を打ち出しイザ!というウェブ媒体による情報提供サービスを始めている。

2007年マイクロソフト産経新聞社はMSN産経ニュースを開設し、ウェブ・ファーストに取り組んでいる[2]

2014年以降、地方紙での採用も急増している。 これは、全国紙では報道されないような「地域密着型の情報」を、迅速に提供することで、購読者を増やす効果があるためだと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ goo辞書(NTTレゾナント)
  2. ^ MSN産経ニュース、10月1日開設、「ウェブ・パーフェクト」実現を目指す(インターナショナルビジネスタイムズ)