ウインド・アンサンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウインド・アンサンブル英語: Wind ensemble)は、吹奏楽の形態の1つで、管楽器による合奏を原則としている。1952年、豊かな音色と緻密な合奏効果を得る目的で、イーストマン音楽学校アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター)のフレデリック・フェネルによって提唱、創始された[1][注釈 1]

概要[編集]

管楽器の各パートを1人ずつ配するのを原則とする合奏形態であるが、場合によってはBクラリネットの担当を増やすことがある[1]。フレデリック・フェネルは、1952年にイーストマン・ウインド・アンサンブルを設立しているが、フェネルの定めたウィンド・アンサンブルの概念は極めて厳格なものであり、他の編成とは異なる独自の約束事と根拠をもっている[2]。それゆえ編成上、メンバー全員にソリストとしての高い資質が求められる演奏形態である[1]。また、常にメンバー全員であらゆる楽曲を奏するのではなく、楽曲ごとに作曲家が指定した編成にしたがって演奏者の数を増減するという手法を積極的に用いる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウインド・アンサンブルの規模をやや大きくした編成をシンフォニック・ウインド・オーケストラと呼ぶ場合がある。JBCバンドスタディ(2005)p.89

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 磯田健一郎他『200CD 吹奏楽 名曲・名演 - 魅惑のブラバン』磯田健一郎、立風書房、1999年12月。ISBN 4-651-82043-3
  • 『JBCバンドスタディ』保科洋・小澤俊朗・渡辺秀之ほか編、YAMAHA、2005年6月。

関連項目[編集]