ウイニングポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Winning Post
ジャンル 競馬シミュレーションゲーム
対応機種 PC-98[PC-98]
X68000[X68]
FM-TOWNS
スーパーファミコン[SFC]
MEGA-CD
3DO REAL[3DO]
Macintosh[Mac]
Microsoft Windows[Win]
(EX)セガサターン[SS]
PlayStation[PS]
開発元 光栄(→コーエー)
発売元 光栄(→コーエー)
メディア ROMカセット[SFC]
3.5インチFDD(もしくは5インチ)[各種PC版]
CD-ROM[FM-TOWNS・SS・PS・Win復刻]
発売日 1993年1月14日[PC-98]
1993年9月10日[SFC]
1993年9月17日[MEGA-CD]
1994年7月29日[Mac]
1994年8月26日[PC-98・PK]
1994年9月16日[3DO]
1995年8月11日[SS]
1995年12月29日[PS]
テンプレートを表示

ウイニングポスト』(Winning Post)とは、1993年光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された競馬シミュレーションゲームで、ウイニングポストシリーズの第1作である。

3DO REAL版、Macintosh版では実写映像が使用されており1995年に発売されたマイナーチェンジ版のウイニングポストEXSS版およびPS版)にもその流れが受け継がれた。

Windows向けにもコーエー25周年記念パックのVol.6(2003年11月28日発売)にも復刻版が収録され、後に廉価版であるコーエー定番シリーズで単品発売(『ウイニングポスト』は2005年7月15日発売)もされている。

開発の経緯[編集]

いわゆる第二次競馬ブーム期に「GIを勝つような馬の馬主になれたら…」という想いを抱いた社員が開発を企画、発売へと繋がった。企画がスタートした当初は日本に競馬シミュレーションのゲームソフトは存在しなかったが開発の途中で『ダービースタリオン』が発売され、担当者が衝撃を受けたというエピソードが存在する。

内容[編集]

  • ゲームは2頭の競走馬を所有した状態でスタート。一定の条件を満たすことで競走馬を生産するための牧場を開設し、最大5頭の繁殖牝馬を繋養することが可能となる。配合理論は単純で、強い馬同士を掛け合わせれば強い馬が生まれる。
  • 日本国内は中央競馬のみを舞台としており、地方競馬のレースは存在しない。条件戦およびオープン特別のレースは厩舎の所属するエリア(関東・関西)において行われるもののみに出走可能。日本国外のレースは凱旋門賞のみで、一定以上の成績を収めた競走馬のみが出走可能。
  • 勝てば勝つほど競走馬の能力が上がるというシステムだったため、能力が平凡な馬でも勝ち続ければSH(スーパーホース)に勝つことも可能である。ただしEX版では新たに成長度の概念が導入されており、個体差はあるものの一定の時期を過ぎるとレースでの勝ち負けとは関係なく競走馬の競走能力が衰える。
  • 騎手および調教師(調教師は一部作品のみ)には年齢が設定されており、加齢に伴って引退する。引退した者が再び登場することはない。また、毎年架空の人物が騎手として登場する。

イベント[編集]

牧童イベント
騎手を志す牧童がいる牧場の生産馬(幼駒)をプレイヤーが所有している状態で当該牧場を訪問することで発生。騎手となった牧童とデビュー当初から高い友好度が得られ、当該幼駒の能力が向上する。

主な登場人物・スーパーホース[編集]

人物[編集]

有馬桜子
秘書。前述の実写映像が使用されている作品では実写で登場。

新人騎手[編集]

竹川雄二(1作目のみ。2作目以降、名前は雄一となっている)
石田茂
結城新吾
小野あかね
黒木幸恵
竹川、結城、小野の3人は以降のシリーズでもレギュラーであるが石田は『7』には登場しない。

スーパーホース[編集]

  • ダークレジェンド
  • スーパーシュート
  • アイアンキング
  • クロスリング
  • ゲッコーストーム
  • サードステージ
  • ユーエスエスケープ
  • アウトオブアメリカ
  • ミヤワンローズ
  • ファーストサフィー
  • アンビリーバブル
  • チェリーバトル
  • メイジクラシック
  • メイジビーナス
  • サキュウコスモス
  • キャニオンキュート
  • アースクエイク

外部リンク[編集]