ウイスキー・コーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウイスキー・コーク
Whisky and Coke.JPG
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 ビルド
黒褐色透明
グラス Highball Glass (Tumbler).svg   タンブラー
アルコール度数
レシピの一例
ベース ウイスキー
テンプレートを表示

ウイスキー・コーク英語Whisky and Coke , Whiskey and Coke)とは、冷たいタイプロングドリンクに分類される、ウイスキーをベース(基酒)としたカクテルである。このカクテルは、一言で言えばウィスキーのコカ・コーラ割りである。グラスに注ぐ順番も、カクテル名通りなのが特徴である。

なお、ウィスキーの炭酸水割りを単にハイボールと呼ぶ場合があるが、このウィスキーのコーラ割りのことをコーク・ハイと呼ぶこともある[1]

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

  1. を入れたタンブラーに(容量240~300ml程度)に、まずウィスキーを注ぎ、ステアして氷とウィスキーを馴染ませる。
  2. グラスをコカ・コーラで満たして、軽くステアすれば完成である。

備考[編集]

  • 「コーク」はコカ・コーラの愛称なので、ウイスキー・コークに使用するコーラは、コカ・コーラである必要がある、コカ・コーラ以外の他社製コーラを使用しても良いが、「コーク」はコカ・コーラの愛称なので、その場合は、ウィスキー・コーラと呼ばれる。
  • ベースとなるウイスキーは、好みのものを使用すればよい。
    • これは、ウィスキー・コーラの場合も同様である。
  • ウィスキーとコーラは、その比重の関係で、ウィスキーを先にグラスへ注ぐことによって、自然に混合される。もしもコーラを先に入れてしまうと、混ぜるために余計にステアが必要となる上に、通常ウィスキーは冷却された状態で保管されていないがために、ウィスキーの温度も十分に下がっておらず、結果として、コーラに含まれている炭酸二酸化炭素として、より多く逃がしてしまう要因となる。コーラを始めとする炭酸飲料をグラスに注いだ後のステアは、しない方が良いとされることもあるくらい、炭酸が逃げるのを避けていることを、十分に留意する必要がある。
    • これは、ウィスキー・コーラ及び他の炭酸飲料を用いた派生カクテルの場合も同様である。

その他[編集]

  • ベース(基酒)のウィスキーをテキーラに変えたものが、「メキシコーラ」である。ただし、メキシコーラに使用されるコーラは、別にコカ・コーラに限定されないので、ウイスキー「コーク」のバリエーションとは言えないかもしれない。
  • ベース(基酒)のウィスキーをラムに変えたものが、「キューバ・リバー」(クバ・リブレ、または、キューバ・リブレ)であるが、さらにライム・ジュースも加えるのが正式な作り方である。コカ・コーラに限定されないためウイスキー「コーク」のバリエーションとは言えないかもしれない点も同様である。

ウイスキー・コークを題材にした作品[編集]

  • ウイスキー・コーク(唄:矢沢永吉、作詞:相沢行夫、作曲:矢沢永吉)

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古賀邦正 『ウイスキーの科学』 講談社〈ブルーバックス B-1658〉、2009年11月20日、247頁。ISBN 978-4-06-257658-1

主な参考文献[編集]

  • 永瀬正人 『カクテル ポケットブック』 旭屋出版、1999年2月10日ISBN 4-7511-0155-2