ウィージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィージャ (Wiiija) は、1988年ロンドンノッティング・ヒルにあるラフ・トレード・ショップのスタッフが立ち上げた、イギリス独立レーベル英語版。名称は、ラフ・トレード・ショップのあるタルボット・ストリート (Talbot Road) の郵便番号「W11 1JA」に由来していた。このレーベルは、セラピー? (Therapy?) を世に送ったことや、シルバーフィッシュ (Silverfish)、ハギー・ベア (Huggy Bear)、コーナーショップ (Cornershop) が最初のレコードを出したことで知られた[1][2]。後には、フリー・キトゥン (Free Kitten) やビス (Bis) がこのレーベルからリリースされ、1997年以降のコーナーショップの商業的成功は、その後長くレーベルの経営上の支えとなった。

ウィージャは、ハギー・ベアやブラッド・ソーセージ (Blood Sausage) のリリースに加え、コメット・ゲイン (Comet Gain)、スキンド・ティーン (Skinned Teen)、ライナス (Linus)、プッシーキャット・トラッシュ (Pussycat Trash) を収録したEP盤『Some Hearts Paid To Lie』によって、緩やかな形でイギリスにおけるライオット・ガール (riot grrrl) のシーンと結びつくようになった。1994年のツアーのドキュメンタリーGetting Close To Nothing』では、ハギー・ベアやブラッド・ソーセージとともに、レーベル仲間のコーナーショップの姿も捉えられている[3]

1996年、このレーベルは、ベガーズ・バンケット・レコード傘下に入り、2000年代初めまで活動していた。

所属アーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wiiija Label Discography - UK”. 45cat. 2012年5月28日閲覧。
  2. ^ Wiiija Records - CDs and Vinyl at Discogs”. Discogs.com (1992年10月19日). 2012年5月28日閲覧。
  3. ^ Er is iets misgegaan.”. YouTube. 2012年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • Cavanagh, David. The Creation Records Story: My Magpie Eyes Are Hungry for the Prize. London: Virgin Books, 2000. 0-7535-0645-9.
  • Young, Rob. Rough Trade. Black Dog Publishing. ISBN 1-904772-47-1