ウィンザーチェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデン製の現代風のウィンザーチェア。左の櫛に似た背もたれのものがコームバック型、右の扇形のものはファンバック型
ウィンザーチェア型の長椅子

ウィンザーチェアは17世紀後半よりイギリスで製作されはじめた椅子。当初は地方の地主階級民の邸宅や食堂などで主に使用されていたが、やがて旅館やオフィスや中流階級の一般家庭にも浸透していき、支持されるようになった。1720年代にはアメリカへ渡り、簡素で実用的な椅子として非常に流行を見せた。

概要[編集]

厚い座板に脚と細長い背棒、背板を直接接合した形状が特徴で、初期は背もたれがコームバック型で、18世紀後半からはボウバック型へと変遷している。19世紀に登場したローバック型は学校やオフィスの事務用椅子として幅広く利用が見られ、流行した。

庶民の椅子として持てはやされたウィンザーチェアはその象徴としてテレビや映画などにも、小道具のひとつとして頻繁に登場し、『大草原の小さな家』や『若草物語』など、多数の作品で見ることができる。

名称の由来[編集]

ウィンザーチェアの名称の由来については複数の説があり、ジョージ2世がキツネ狩の際に民家で見つけた椅子を自前の職人に作らせたとする説や、ジョージ3世がウィンザー城の王室で使用していたことに由来する説などがあるが、定かではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]