ウィレム・アイントホーフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Willem Einthoven (1906)
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1924年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:心電図法の発明

ウィレム・アイントホーフェンWillem Einthoven1860年5月21日 - 1927年9月29日)はオランダ生理学者医師ユトレヒト大学医学部卒業。1886年ライデン大学の教授に就任した。1903年心臓から電気が発せられていることを発見し、心電図法(ECG/EKG)を発明した。その功績で、1924年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

彼は、オランダ領東インド諸島(今のインドネシア)のジャワ島スマランで生まれ、オランダのライデンで亡くなり、ウーグストヘーストのHaarlemmerstraatwegに有る改革派教会に埋葬されている。