ウィル・フラー (クォーターバック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ウィル・フラー American football pictogram.svg
Will Furrer
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1968-02-05) 1968年2月5日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ダンビル
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 210 lb =約95.3kg
経歴
大学 バージニア工科大学
NFLドラフト 1992年 / 4巡目全体107位
初出場年 1992年
初出場チーム シカゴ・ベアーズ
所属歴
1992 シカゴ・ベアーズ
1993 デンバー・ブロンコス
1994 デンバー・ブロンコス
1995 アムステルダム・アドミラルズ
1995 ヒューストン・オイラーズ
1996 アムステルダム・アドミラルズ
1997 セントルイス・ラムズ
1998 ジャクソンビル・ジャガーズ
NFL 通算成績
TD/INT 2/10
パス獲得ヤード 572
QBレイティング 31.4
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ウィル・フラー(Will Furrer 1968年2月5日- )は、ペンシルベニア州ダンビル出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック

経歴[編集]

高校時代はワシントン州南東部のパルースにあるプルマン高校に通い、1986年に卒業した。高校2年までは野球をしており、アメリカンフットボール経験の無かった彼は、高校3年の時にQBとなった。翌年最終学年のときに、後にNFL入りするティム・ローゼンバックの控えを務めた。

バージニア工科大学では歴代3位のパス記録を持っている。通算16勝18敗1分と先発QBとしては負け越しているが、2015年に大学のスポーツ殿堂入りを果たした。

1991年シーズン開幕前、全米で2番目に優秀なQBと目されていたが、9試合で16インターセプト、さらにひざの故障もあり、評価を落とし、デビッド・クリングラーリック・マイアーマット・ブランディンケイシー・ウェルドンに次いで5番目に優秀なQBと評価を落とした[1]

1992年のNFLドラフト4巡でシカゴ・ベアーズに指名された。その年のQBでは5人目の指名であった。

1年目の1992年は、シカゴ・ベアーズで先発1試合を含む2試合に出場、1993年アリゾナ・カージナルス1994年デンバー・ブロンコス、1995年はヒューストン・オイラーズ、1997年はセントルイス・ラムズに所属した[2]

1997年、ラムズではトニー・バンクスマーク・リッピンに次ぐ第3QBで試合出場はなかった[2]

1998年、トニー・バンクス、スティーブ・ボノに次ぐ第3QBの座をカート・ワーナーと争ったがロースターに残ることができなかった[3]。12月14日、テネシー・タイタンズ戦でひざを負傷したジェイミー・マーティンの代役として、ジャクソンビル・ジャガーズと契約を結んだ[2]

1997年までの5シーズンでNFLの5チームに所属し、先発2試合を含む9試合に出場、パス124回中57回成功、572ヤード、2TD、10INTの成績を残している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dave Johnson (1991年12月25日). “FURRER CHASES CHANCE”. デイリー・プレス. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c d JAGUARS SIGN QB WILL FURRER; MARTIN, SETTLES PLACED ON INJURED RESERVE”. ジャクソンビル・ジャガーズ (1998年12月14日). 2020年1月11日閲覧。
  3. ^ Jim Thomas (2017年7月31日). “Discovering Kurt Warner: Story reads more like a movie script”. ST.LOUIS POST-DISPATCH. 2020年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]