ウィル・クレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィル・クレイ Portal:陸上競技
Will Claye Daegu 2011.jpg
選手情報
ラテン文字 Will Claye
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技
種目 三段跳
走幅跳
大学 アメリカ合衆国の旗 オクラホマ大学
アメリカ合衆国の旗 フロリダ大学
生年月日 (1991-06-13) 1991年6月13日(26歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アリゾナ州ツーソン
身長 180cm
体重 73kg
プロ転向 2011年
コーチ担当者 ジェレミー・フィッシャー (en
成績
オリンピック 三段跳 2位 (2012年, 2016年)
走幅跳 3位 (2012年)
世界選手権 三段跳 2位 (2017年)
走幅跳 9位 (2011年)
国内大会決勝 全米選手権
三段跳 優勝 (3回)
走幅跳 2位 (2回)
自己ベスト
走幅跳 8m29 (2011年)
8m42w (2016年)
三段跳 17m91 (2017年)
18m05w (2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ウィル・クレイWill Claye1991年6月13日 ‐ )は、アメリカ合衆国ツーソン出身の陸上競技選手。専門は三段跳走幅跳。三段跳の自己ベストは世界歴代9位の17m91。2012年ロンドンオリンピックでは男子三段跳で銀メダル、男子走幅跳で銅メダルに輝き、76年ぶりに同一大会の両種目メダリストとなった。オリンピック世界選手権を通じて3つの銀メダルを獲得しているが、その時の優勝者は全て同じアメリカ人でフロリダ大学の先輩のクリスチャン・テイラー英語版である。屋外の世界大会では金メダルを獲得できていないが、2012年イスタンブール世界室内選手権男子三段跳ではクリスチャン・テイラーを抑えて優勝している。

経歴[編集]

アリゾナ州ツーソンに生まれ、同州のフェニックスで育った[1]

両親はシエラレオネ出身で、父は元走幅跳選手[2]。兄はカリフォルニア大学バークレー校でプレーした元アメリカンフットボール選手[1]

11歳の時に走幅跳とハードル[1]、12歳(中学1年生)の時に400mを経験[2]。中学時代は主に走幅跳に取り組んだ[3]

高校時代[編集]

マウンテンポワント高校 (en入学当初はハードルと走幅跳に取り組む予定だったが、クレイの才能に気づいた高校のコーチの勧めで三段跳を始めると[4]、1年目に45フィート(13m71)、2年目に49フィート(14m93)を跳び、3年目にはアリゾナの高校生で初となる50フィート(15m24)超えを達成した[5][6]。高校時代には全米ジュニアオリンピックとアリゾナ州高校選手権の三段跳をそれぞれ2回制し[6]、2008年には走幅跳と三段跳の両種目でUSAトゥデイの全米高校陸上競技チームに選出された[7]

大学時代[編集]

高校を早く卒業し、陸上競技の奨学金を得て2009年1月にオクラホマ大学に入学した[8]

2009年、Big12選手権男子三段跳でジュニアアメリカ記録を27年ぶりに塗り替える16m94(+2.0)[9]NCAA選手権(全米学生選手権)男子三段跳ではアメリカのジュニア選手初の17m超えとなる17m19(+2.0)をマークし[10]、1年生ながら両大会を制するなど学生の主要大会で活躍した。学生のシーズン終了後は全米ジュニア選手権男子三段跳で優勝、パンアメリカンジュニア選手権男子三段跳では国際タイトルを獲得した。

2010年は怪我に苦しみ、その後フロリダ大学に移った[11]

2011年、NCAA室内選手権男子三段跳で優勝、SEC選手権の男子三段跳と男子走幅跳で優勝するなど復活。学生のシーズン終了後の全米選手権では男子走幅跳と三段跳の両種目で2位に入り[12]、両種目で大邱世界選手権のアメリカ代表の座を掴んだ。

オクラホマ大学の2年間とフロリダ大学の1年間を通じて、オールアメリカ (All-Americaに8回選出されたほか、NCAAタイトルを2回、Big12タイトルを1回、SECタイトルを2回獲得するなどの成績を残し、2011年8月にプロとなった[13]

プロ転向以降[編集]

2011年、世界大会デビューとなった8月の大邱世界選手権では、アメリカ勢としてマイク・コンリー1983年ヘルシンキ大会1987年ローマ大会)以来2人目となる、男子走幅跳と男子三段跳の両種目で決勝進出を果たした[14]。男子走幅跳は9位に終わったものの、男子三段跳では17m50(+0.1)の自己ベスト(当時)で銅メダルに輝き、弱冠20歳で世界大会のメダリストとなった。これは世界選手権男子三段跳における最年少メダリスト記録(20歳83日)だったが[15]2013年モスクワ大会ペドロ・パブロ・ピカルド英語版が20歳49日で銀メダルを獲得して更新された[16]

2012年、2月の全米室内選手権では、男子走幅跳は2位、男子三段跳は室内アメリカ歴代3位(当時)の17m63で初優勝を飾った[17][18]。3月のイスタンブール世界室内選手権には、男子走幅跳で8m24[19]、男子三段跳で17m63と[20]、両種目の今季世界最高記録保持者として臨むと、男子走幅跳は8m04の4位でメダルを逃すも(3位とは18cm差)[21]、男子三段跳ではクリスチャン・テイラー英語版を7cm差で抑え、今季世界最高記録を塗り替える17m70で初の世界タイトルを獲得した[22]。なお、世界室内選手権男子三段跳におけるアメリカ勢の優勝は3度目で、アメリカ勢のワンツーフィニッシュは史上初となった[23]

2012年、6月の全米オリンピックトライアル(全米選手権)では男子走幅跳と男子三段跳の両種目で2位に入ると[24][25]、8月のロンドンオリンピックでは両種目で決勝に進出した。男子走幅跳は8m12(-0.2)で銅メダルに輝き[26]、走幅跳では初のメダルを獲得。男子三段跳では17m62(+0.6)の屋外自己ベスト(当時)をマークしたものの、優勝したクリスチャン・テイラーには19cm及ばず銀メダルに終わった[27]。同一大会における男子走幅跳と男子三段跳の両種目でのメダル獲得は、1936年ベルリン大会田島直人(三段跳で金メダル、走幅跳で銅メダル)以来76年ぶりであり、アメリカ勢としては1904年セントルイス大会マイヤー・プリンスタイン(両種目で金メダル)以来108年ぶりの快挙だった[3]

2013年、6月の全米選手権男子三段跳で2位に入ると(男子走幅跳は7位)[28]、8月のモスクワ世界選手権男子三段跳では17m52(+0.5)のシーズンベストで銅メダルに輝き[29]、2大会連続でメダルを獲得した。

2014年、6月の全米選手権男子三段跳をアメリカ歴代7位(当時)の17m75(+0.8)で制し、屋外の全米選手権で初優勝を成し遂げた[30]

2015年、2月の全米室内選手権男子走幅跳で優勝し、走幅跳で初の全米タイトルを獲得した[31]。6月の全米選手権男子三段跳では2位に入るも[32]、8月の北京世界選手権男子三段跳は怪我の影響もあって予選敗退に終わった[33][34]。クレイは出場した世界大会で毎回メダルを獲得していたが、今回初めてメダルを獲得できなかった。

2016年、6-7月の全米オリンピックトライアルでは、男子走幅跳は3位、男子三段跳は2年ぶり2度目の優勝を果たし、4年ぶりに両種目で表彰台に上った。しかし、男子走幅跳は公認記録でリオデジャネイロオリンピックの参加標準記録(8m15)を突破することができず(1cm届かず)、2大会連続2種目でのオリンピック出場を逃した[35][36]。8月のリオデジャネイロオリンピック男子三段跳では17m76(+0.4)の自己ベスト(当時)をマークするも、優勝したクリスチャン・テイラーに10cm及ばず、2大会連続で銀メダルに終わった[37]。この種目におけるアメリカ勢のワンツーフィニッシュは、1984年ロサンゼルス大会アル・ジョイナーマイク・コンリー1992年バルセロナ大会マイク・コンリーチャーリー・シンプキンス英語版、前回のロンドン大会に続いて4度目だった[38]。なお、競技終了後には、2013年モスクワ世界選手権女子100mハードルファイナリストであり、恋人のクイーン・ハリソン英語版プロポーズをしたことで話題になった[39]

2017年、6月の全米選手権男子三段跳を世界歴代9位・アメリカ歴代4位の17m91(+0.9)で制し、3度目の優勝を果たした[40]。8月のロンドン世界選手権男子三段跳はクリスチャン・テイラーに5cm及ばず、17m63(-0.1)で銀メダルに終わったものの、世界選手権では過去最高成績を記録した[41]

人物[編集]

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
走幅跳 8m29 (+1.9) 2011年5月14日 アメリカ合衆国の旗 アセンズ
8m42w (+5.0) 2016年7月3日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン 追い風参考記録
三段跳 17m91 (+0.9) 2017年6月23日 アメリカ合衆国の旗 サクラメント 世界歴代9位
アメリカ歴代4位
18m05w (+2.4) 2017年5月27日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン 追い風参考記録
室内
走幅跳 8m24 2012年2月20日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル
三段跳 17m70 2012年3月11日 トルコの旗 イスタンブール 室内アメリカ歴代3位

主要大会成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 パンアメリカン
ジュニア選手権 (en
トリニダード・トバゴの旗 ポートオブスペイン 三段跳 優勝 16m57 (+0.7)
2011 世界選手権 大韓民国の旗 大邱 走幅跳 9位 8m10 (+0.1)
三段跳 3位 17m50 (+0.1) 自己ベスト
2012 世界室内選手権 トルコの旗 イスタンブール 走幅跳 4位 8m04
三段跳 優勝 17m70 自己ベスト
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 走幅跳 3位 8m12 (-0.2)
三段跳 2位 17m62 (+0.6) 自己ベスト
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 三段跳 3位 17m52 (+0.5)
2014 コンチネンタルカップ (en モロッコの旗 マラケシュ 走幅跳 2位 7m98 (+0.3)
三段跳 3位 17m21 (+0.5)
2015 世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 三段跳 予選 16m41 (+0.2)
2016 オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 三段跳 2位 17m76 (+0.4) 自己ベスト
2017 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 三段跳 2位 17m63 (-0.1)

全米タイトル[編集]

大会 場所 種目 優勝記録 備考
2007 全米ジュニアオリンピック ウォルナット 三段跳 15m20 (+2.9)
2008 全米ジュニアオリンピック オマハ 三段跳 15m71 (+1.7)
2009 全米学生選手権 フェイエットビル 三段跳 17m24 (+2.5) 公認記録17m19 (+2.0):ジュニアアメリカ記録
全米ジュニア選手権 ユージーン 三段跳 17m14 (+2.7) 公認記録16m83 (+1.9)
2011 全米学生室内選手権 カレッジステーション 三段跳 17m32 大会記録
2012 全米室内選手権 アルバカーキ 三段跳 17m63 室内アメリカ歴代3位
2014 全米選手権 サクラメント 三段跳 17m75 (+0.8) アメリカ歴代7位
2015 全米室内選手権 ボストン 走幅跳 7m93
2016 全米選手権 ユージーン 三段跳 17m65 (+2.0)
2017 全米選手権 サクラメント 三段跳 17m91 (+0.9) 世界歴代9位

脚注[編集]

  1. ^ a b c Olympic Medalist Will Claye Talks About Growing Up in Phoenix and Dishes on His Favorite Dining Spots”. Phoenix New Times (2016年10月3日). 2017年12月10日閲覧。
  2. ^ a b Will Claye: "Our mates used to clap like it was a track meet"”. all-athletics.com (2013年7月31日). 2017年12月10日閲覧。
  3. ^ a b Claye Wants to Cap Off Nationals With Two Titles”. 全米オリンピック委員会 (2014年6月26日). 2017年12月10日閲覧。
  4. ^ Rio medalist Will Claye earns Mountain Pointe honors”. アリゾナ・リパブリック (2016年9月8日). 2017年12月10日閲覧。
  5. ^ Will Claye, long and triple jump, competes without worry”. Sports Spectrum Magazine (2012年8月7日). 2017年12月10日閲覧。
  6. ^ a b Will Claye”. フロリダ大学・スポーツサイト (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  7. ^ Fernandez, Hasay pace All-USA Track and Field Team”. USAトゥデイ (2008年7月22日). 2017年12月10日閲覧。
  8. ^ OU track star Will Claye is dreaming of the Olympics”. NewsOK (2009年5月14日). 2017年12月10日閲覧。
  9. ^ Claye USATF Athlete of the Week”. オクラホマ大学・スポーツサイト (2009年5月19日). 2017年12月10日閲覧。
  10. ^ Claye Claims NCAA Title on Birthday”. オクラホマ大学・スポーツサイト (2009年6月13日). 2017年12月10日閲覧。
  11. ^ Former prep leapers take fast track to London Olympic medal stand”. ESPN (2012年8月18日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ 2011年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  13. ^ UF jumpers Christian Taylor, Will Claye turn pro”. Orlando Sentinel (2011年8月10日). 2017年12月10日閲覧。
  14. ^ Claye leaps to milestone in horizontal jumps”. 全米陸上競技連盟 (2011年9月1日). 2017年12月10日閲覧。
  15. ^ IAAF World Championships Moscow 2013 statistics handbook / YOUNGEST & OLDEST (PDF, 50.9 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  16. ^ IAAF World Championships Beijing 2015 statistics handbook / YOUNGEST & OLDEST (PDF, 102 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  17. ^ Claye triples 17.63m in Albuquerque - USA indoor champs, day 1”. 国際陸上競技連盟 (2012年2月26日). 2017年12月10日閲覧。
  18. ^ 2012年全米室内選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  19. ^ 2012年世界室内選手権男子走幅跳予選スタートリスト (PDF, 221 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  20. ^ 2012年世界室内選手権男子三段跳予選スタートリスト (PDF, 221 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  21. ^ 2012年世界室内選手権男子走幅跳決勝リザルト (PDF, 139 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  22. ^ 2012年世界室内選手権男子三段跳決勝リザルト (PDF, 138 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  23. ^ EVENT REPORT - Men's Triple Jump - Final”. 国際陸上競技連盟 (2012年3月11日). 2017年12月10日閲覧。
  24. ^ 2012年全米オリンピックトライアル男子走幅跳決勝リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  25. ^ 2012年全米オリンピックトライアル男子三段跳決勝リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  26. ^ 2012年オリンピック男子走幅跳決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  27. ^ 2012年オリンピック男子三段跳決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  28. ^ 2013年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  29. ^ 2013年世界選手権男子三段跳決勝リザルト (PDF, 205 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  30. ^ Claye wins triple jump at Outdoor Championships”. Ahwatukee Foothills News (2014年6月28日). 2017年12月10日閲覧。
  31. ^ Taiwo breaks heptathlon meeting record at US Indoor Championships”. 国際陸上競技連盟 (2015年2月28日). 2017年12月10日閲覧。
  32. ^ 2015年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  33. ^ a b Will Claye keeps Rio hopes alive in triple jump prelims”. ESPN (2016年7月8日). 2017年12月10日閲覧。
  34. ^ 2015年世界選手権男子三段跳予選リザルト (PDF, 234 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  35. ^ 2016年全米オリンピックトライアルフルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  36. ^ Allyson Felix Overcomes Ankle Sprain to Take 400 Title, Make Fourth Olympic Team”. 全米オリンピック委員会 (2016年7月3日). 2017年12月10日閲覧。
  37. ^ 2016年オリンピック男子三段跳決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  38. ^ Christian Taylor Gets The Gold And Will Claye Gets The Girl”. 全米オリンピック委員会 (2016年8月16日). 2017年12月10日閲覧。
  39. ^ リオ五輪で求婚ラッシュ、馬術・陸上で連日の公開プロポーズ”. フランス通信社 (2016年8月17日). 2017年12月10日閲覧。
  40. ^ Claye sails 17.91m to win at US Championships in Sacremento”. 国際陸上競技連盟 (2017年6月24日). 2017年12月10日閲覧。
  41. ^ 2017年世界選手権男子三段跳決勝リザルト (PDF, 125 KB) 国際陸上競技連盟 2017年12月10日閲覧
  42. ^ Work, rest and play – Will Claye”. 国際陸上競技連盟 (2013年10月14日). 2017年12月10日閲覧。
  43. ^ Introducing ... Track champ Will Claye”. 全米オリンピック委員会 (2012年3月22日). 2017年12月10日閲覧。
  44. ^ Claye hoping to find the right beats in search of world record”. 国際陸上競技連盟 (2017年8月15日). 2017年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]

記録
先代:
キューバの旗 ヨアンドリ・ベタンソス
(21歳191日)
2003 パリ
2003年8月25日
世界選手権男子三段跳
最年少メダリスト記録保持者
(20歳83日)
2011 大邱

2011年9月4日 - 2013年8月18日
次代:
キューバの旗 ペドロ・パブロ・ピカルド英語版
(20歳49日)
2013 モスクワ
2013年8月18日
先代:
Greg Neal
(16m81)
1982年6月5日
男子三段跳
ジュニアアメリカ記録保持者
(16m94 - 17m19)

2009年5月17日 -
次代:
未定