ウィルレム・テン・ライネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Willem ten Rhijne

ウィルレム・テン・ライネ(Willem ten Rhijne、1649年1月2日 (?) - 1700年6月1日)は、オランダ医師植物学者薬学者である。1674年、将軍家綱の病気治療のために日本に招かれ2年間滞日した。ヨーロッパに日本の植物や灸について紹介した。

デーフェンテルに生まれた。ユダヤ系だといわれている。ライデン大学で医学をフランシスクス・シルヴィウスに学んだ。江戸幕府が将軍家綱の病気治療に名医の派遣を求められオランダ東インド会社に雇われた。オランダのテッセル島を1963年6月に出発し、ケープ植民地で2週間滞在し、植物研究などを行った。この研究結果とコイコイ人に関して、1686年に発表した。

1674年夏、来日し、2年間滞在した。将軍治療に関して日本側の評価を得られなかったが、本木庄太夫の「阿蘭陀経絡筋脈臓腑図解」の翻訳を援助した[1]。日本を離れた後は主にオランダ領インドネシアで働いた。1682年にヨーロッパに日本医学及び医学思想についてヨーロッパに紹介した。

参考書籍[編集]

  1. ^ 『くすりの歴史』 岡崎寛蔵(著)講談社(1976年)