ウィリー・ボボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリー・ボボ(Willie Bobo, 本名:William Correa, 1934年2月24日 - 1983年9月15日)は、アメリカのラテン・ジャズパーカッショニストコンガティンバレスの演奏者。

息子のエリック・ボボ(エリック・コリア)はサイプレス・ヒルのメンバー。

バイオグラフィ[編集]

ニューヨークスパニッシュ・ハーレムで育つ。サンタナ[1]の有名曲「イヴィル・ウェイズ」(作曲はS.ヘンリー)の演奏者である[2]。他に「スパニッシュ・グリース」などの楽曲を発表した。1983年に49歳で死去した。

ディスコグラフィ[編集]

  • Sabroso! (Fantasy, 1961)
  • Do That Thing/Guajira (Tico, 1963) [3]
  • Bobo's Beat (Roulette, 1964)
  • Let's Go Bobo! (Roulette, 1964) [4]
  • Spanish Grease (Verve, 1965)
  • Uno, Dos, Tres 1.2.3 (Verve, 1966)
  • Feelin' So Good (Verve, 1967)
  • Juicy (Verve, 1967)
  • Bobo Motion (Verve, 1967)
  • Spanish Blues Band (Verve, 1967)
  • A New Dimension (Verve, 1968)
  • Evil Ways (Verve, 1968)
  • Do What You Want To Do, Tomorrow Is Here (Sussex, 1971) [5]
  • Hell Of An Act To Follow (Columbia, 1978)
  • Bobo (Columbia, 1979)

脚注[編集]

  1. ^ ティト・プエンテの「オイエ・コモバ」のカバー曲なども有名である
  2. ^ http://www.allmusic.com/artist/willie-bobo-mn0000688804
  3. ^ Tico Discography
  4. ^ Roulette Discography
  5. ^ Sussex Discography

関連項目[編集]