ウィリアム・ロバート・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・ロバート・ブルックス(William Robert Brooks 、1844年6月11日 - 1922年5月3日)はイギリス生まれで、アメリカで育った天文学者。多くの彗星の発見者として知られる。

イギリスのメードストンに生まれた。1857年に両親とともにアメリカ合衆国に移住し、ニューヨークに育った。少年時代から天文学に興味をもち、14歳の時最初の望遠鏡を製作した。1870年にニューヨークにRedhouse天文台を設立し、1885年から1886年にかけての9ヶ月に5個の彗星を発見した。1888年にニューヨークのスミス天文台に移り、スミス天文台では13個の彗星を発見した。1883年から1911年の間に合計21個もしくは22個の彗星を発見者、もしくは共同発見者となった。

ブルックスの発見した彗星のなかには周期彗星の12P/ポンス・ブルックス彗星、16P/ブルックス第2彗星、肉眼でみることができた彗星 C/1911 O1 (Brooks)が含まれる。