ウィリアム・ロバーツ (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ウィリアム・ロバーツ American football pictogram.svg
William Roberts
基本情報
ポジション ガード
生年月日 (1962-08-05) 1962年8月5日(55歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
身長 6' 5" =約195.6cm
体重 298 lb =約135.2kg
経歴
大学 オハイオ州立大学
NFLドラフト 1984年 / 1巡目全体27位
初出場年 1984年
初出場チーム ニューヨーク・ジャイアンツ
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
出場試合数 195試合
先発出場 154試合
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ウィリアム・ロバーツ(William Roberts 1962年8月5日- )はフロリダ州マイアミ出身の元アメリカンフットボール選手。NFLで14シーズンプレーした。ポジションはガード

オハイオ州立大学から1984年のNFLドラフト1巡目全体27位でニューヨーク・ジャイアンツに指名されて入団した。

1984年のシーズン半ばに足首を痛めて欠場している間は、ガードのブラッド・ベンソンがタックルに回り、ビリー・アードがシーズン終盤にひざを負傷した後、ベンソンがガードに戻り、ロバーツもタックルとして先発出場するようになった[1]

1987年第21回スーパーボウル1991年第25回スーパーボウルにジャイアンツの一員として優勝している。1990年シーズンにはプロボウルにも選出された。1995年にジャイアンツヘッドコーチだったビル・パーセルズのいるニューイングランド・ペイトリオッツに移籍し、1997年に行われた第31回スーパーボウルにも出場を果たした。1997年シーズン開幕前にパーセルと共にニューヨーク・ジェッツに移籍しそのシーズンで現役を終えた。

ニューイングランドに移籍した際、彼はジャイアンツから来た7人目の選手となった。彼の獲得についてパーセルヘッドコーチはマスコミに「彼は左のガードで起用することになると思う。ブルース・アームストロングに何かあったときには左のタックルとして使う。」と話した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
テリー・キナード
ニューヨーク・ジャイアンツ
ドラフト1巡指名
1984年
カール・バンクス
次代:
ジョージ・アダムズ