ウィリアム・ロイド・ウェバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・ロイド・ウェバーWilliam Southcombe Lloyd Webber, 1914年3月11日 ロンドン1982年10月29日 同地)は、イギリスオルガニスト作曲家1964年よりロンドン音楽大学の終身学長であった。作曲家としては長らく無名であったが、2人の息子ジュリアンアンドルーの活躍を通じて、自身の作品も再浮上するようになった。アンドルーの《レクィエム》は、父ウィリアムの追悼音楽にほかならない。

作品は、ASVやハイペリオン、シャンドスなどと、英国のレーベルから録音が相次いでいる。2005年に宗教曲《聖なる憐れみ The Divine Compassion 》がエオリアン・シンガーズの上演によって復活した。『ヨハネ福音書』のキリストの受難の章に基づくこの大作は、上演に95分を要する。2007年の夏には、ロンドンにおいてウィリアム・ロイド・ウェバー音楽祭の興行が予定されている。

外部リンク[編集]