ウィリアム・ホイストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィリアム・ホイストン
WilliamWhistonComet.jpg
生誕 1667年12月9日
ノートンイングランドレスターシャー州)
死没 1752年8月22日
リンドンイングランドラトランド州)
職業 神学者・数学者

ウィリアム・ホイストン: William Whiston1667年12月9日 - 1752年8月22日)は、イギリス神学者・歴史家数学者経度法を推進した。

概略[編集]

1703年アイザック・ニュートンの推薦によりケンブリッジ大学ルーカス教授職の第3代教授を務めた。

著書『地球の新説』において、ノアの洪水は地球に接近した彗星により地殻が裂け、地球の内部の水が溢れ出したことによって起こったと科学的に説明した。また、ニュートンの著書『普遍算術』の編集を担当した。エドモンド・ハレーとも親交があった。

また、神学者としてはユダヤ教研究を行い、フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』を翻訳した。一方、著作『旧約聖書再現試論』(1722年)では、ユダヤ人旧約聖書写本を歪め、故意に改悪したと反ユダヤ主義的な主張を行った[1][2]

著書[編集]

  • A New Theory of the Earth, From its Original, to the Consummation of All Things, Where the Creation of the World in Six Days, the Universal Deluge, And the General Conflagration, As laid down in the Holy Scriptures, Are Shewn to be perfectly agreeable to Reason and Philosophy,1696年.
  • A Short View of the Chronology of the Old Testament, and of the Harmony of the Four Evangelists., 1702.
  • An Essay on the Revelation of Saint John, So Far as Concerns the Past and Present Times., 1706.
  • Arithmetica universalis,1707
  • Praelectiones Astronomicae Cantabrigiae in Scholis Habitae. , 1707.
  • Sermons and Essays. ,1709.
  • Praelectiones Physico-mathematicae Cantabrigiae, in Scholis Publicis Habitae. 1710.
  • Primitive Christianity Revived, 1711–1712.
  • A New method of Discovering the Longitude at Sea and Land, Humbly Proposed to the Consideration of the Publick.,1714.
  • Astronomical Lectures. 1715.
  • Astronomical Principles of Religion, Natural and Reveald., 1717.
  • The longitude and latitude found by the inclinatory or dipping needle: wherein the laws of magnetism are also discovered; To which is prefix'd, an historical preface; and to which is subjoin'd, Mr.Robert Norman's New attractive, or account of the first invention of the dipping needle. ,1721.
  • An Essay Towards Restoring the True Text of the Old Testament: And for Vindicating the Citations Made Thence in the New Testament.,1722
  • Life of Samuel Clarke. 1730.
  • The Astronomical Year: Or an Account of the Great Year MDCCXXXVI. Particularly of the Late Comet, Which was foretold by Sir Isaac Newton..., 1737.
  • Primitive New Testament, 1745.

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ William Whiston, An Essay Towards Restoring the True Text of the Old Testament: And for Vindicating the Citations Made Thence in the New Testament.
  2. ^ ポリアコフ 3巻,pp.84-95.

参考文献[編集]

  • レオン・ポリアコフ 『反ユダヤ主義の歴史 第3巻 ヴォルテールからヴァーグナーまで』 菅野賢治訳、筑摩書房、2005年11月25日ISBN 978-4480861238[原著1968年]

 関連項目[編集]