ウィリアム・シャープ・マクリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・シャープ・マクリー
Quinarian systemによる昆虫分類の図

ウィリアム・シャープ・マクリー(William Sharp Macleay or McLeay、1792年7月21日 - 1865年1月26日)はイギリスの昆虫学者、役人である。

略歴[編集]

ロンドンに政治家で昆虫標本収集家として知られるアレキサンダー・マクリー(Alexander Macleay)の息子に生まれた。ウェストミンスター・スクールで学んだ後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで1814年にBA、1818年にMAの学位を取得した。外交官になり、パリの大使館で働いた。父親の影響で、昆虫学に興味を持っていたマクリーはパリで、ジョルジュ・キュヴィエエティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールピエール・アンドレ・ラトレイユらの有名な動物学者と交流した。1819年にイギリスに戻り、1825年からはハバナ奴隷貿易を抑止するための司法裁判所のメンバーとして、1836年まで働いた。イギリスに戻った後、1830年にオーストラリアに移住し、ニューサウスウェールズ州首相(Chief Secretary of New South Wales)を務めた父親が建てた、シドニーのElizabeth Bay Houseに住み、父親の昆虫標本の充実や研究を行った。

マクリーは当時イギリスで、一定の支持者がいた「Quinarian system」という分類体系に従って、昆虫の新しい分類体系を提案したが、これは広がることはなかった。1839年の"Annals of Natural History"に 魚類や三葉虫の分類についても執筆したり、尾索動物キューバの鳥類の分類についても執筆したが、親しい博物学者を除いては、マクリーの主張は無視された。オーストラリアでは昆虫以外にも海洋生物にも興味を示した。シドニーのマクリーの屋敷は博物学に興味のある人々の集まる場所となった。

1821年にロンドン・リンネ協会フェローに選ばれ、ロンドン動物学会のフェローにも選ばれた。1839年にイギリス科学振興協会(British Association for the Advancement of Science)の会長を務め、オーストラリア博物館(Australian Museum)の理事も務めた。

結婚しなかったので資産は弟の動物学者ジョージ・マクリー(George Macleay)が継承した。父親とマクリーの作った昆虫標本はシドニー大学に保管され、後にマクリー博物館( Macleay Museum)のもとになった。

著作[編集]

  • Horæ Entomologicæ, or Essays on Annulose Animals, 2 Bände, London 1819, 1821
  • Annulosa Javanica, or an Attempt to illustrate the Natural Affinities and Analogies of the Insects collected in Java by Thomas Horsfield, London 1825
  • Illustrations of the Annulosa of South Africa, London 1838
  • Remarks on the Identity of certain General Laws, which have been lately observed to regulate the Natural Distribution of Insects and Fungi, Transactions of the Linnean Society, Band 14, 1825

参考文献[編集]