ウィリアム・キャヴェンディッシュ (第3代デヴォンシャー公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
閣下英語版
第3代デヴォンシャー公爵
KG, PC, FRS
3rdearlDevonshire.jpg
第3代デヴォンシャー公爵
生誕 1698年9月26日
死没 1755年12月5日
国籍 イギリス
配偶者 キャサリン・ホスキンス英語版
子供 キャロライン
ウィリアム
ジョージ英語版
エリザベス
レイチェル
フレデリック英語版
ジョン英語版
第2代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ
レイチェル・ラッセル
第3代デヴォンシャー公爵キャヴェンディッシュの紋章

第3代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語: William Cavendish, 3rd Duke of Devonshire KG PC FRS1698年9月26日 - 1755年12月5日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。1721年から1729年まで庶民院議員を務めた後、デヴォンシャー公爵の爵位を継承した。以降王璽尚書王室家政長官英語版アイルランド総督などの官職を歴任した。

生涯[編集]

第2代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュとレイチェル・ラッセルの長男として、1698年に生まれた[1]。1715年5月30日にオックスフォード大学ニュー・カレッジ英語版に入学、1717年7月6日にマスターオブアーツ英語版の学位を取得した[2]

父と同じく政治家になり、1721年の補欠選挙でロストウィシアル選挙区英語版で当選して庶民院議員になる。1722年イギリス総選挙グラムパウンド選挙区英語版に鞍替えして無投票で当選、1727年イギリス総選挙ハンティンドンシャー選挙区英語版に鞍替えして当選した[3]。1729年に父が死去するとデヴォンシャー公爵の爵位を継承、貴族院に移籍した[3]。1731年6月12日に枢密顧問官に任命され、1733年6月12日にガーター勲章を授与されたほか、1731年から1733年まで王璽尚書を、1737年から1744年までアイルランド総督を務めた[3][4]。1733年から1737年と1745年から1749年まで王室家政長官英語版を務めた後、1749年に引退した[3]。1739年に捨子養育院英語版の初代総裁の1人になったほか[5]、1748年1月21日に王立協会フェローに選出された[6]

デヴォンシャー公爵はブルームスベリー旧デヴォンシャー・ハウス英語版を売却して、ピカデリーデヴォンシャー・ハウスを改修しようとした。しかし、バークレー・ハウスは改修中の1733年10月16日に火事に遭い、デヴォンシャー公爵はウィリアム・ケントに依頼してパッラーディオ様式で再建した[4]

1745年ジャコバイト蜂起では1745年12月3日にダービーシャー・ブルース英語版という民兵部隊を編成して国王ジョージ2世を支持した。

1755年12月5日に死去、長男ウィリアムが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1718年3月27日、ジョン・ホスキンス(1640年 – 1717年5月16日)の娘キャサリン英語版(1777年5月8日没[1])と結婚、4男3女をもうけた。

第3代デヴォンシャー公爵夫婦はウェールズ公爵チャールズと1人目の妃ダイアナ最も近い共通祖先として知られる。チャールズは第3代デヴォンシャー公爵の息子ウィリアム(第4代デヴォンシャー公爵)の子孫で、ダイアナは第3代デヴォンシャー公爵娘エリザベスの子孫である[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c (英語) Burke's Peerage (99th edition ed.). (1949). p. 595. https://archive.org/details/burkesgenealogic1949unse/page/595. 
  2. ^ Foster, Joseph. “Alumni oxonienses: the members of the University of Oxford, 1715-1886” (英語). University of Oxford. p. 231. 2019年4月22日閲覧。
  3. ^ a b c d CAVENDISH, William, Mq. of Hartington (?1698-1755), of Chatsworth, Derbys.” (英語). History of Parliament Online. 2018年8月17日閲覧。
  4. ^ a b History of Chatsworth / 18th century” (英語). Chatsworth House. 2019年4月22日閲覧。
  5. ^ (英語) A Copy of the Royal Charter Establishing an Hospital for the Maintenance and Education of Exposed and Deserted Young Children. p. 3. https://books.google.com/books?id=OX1bAAAAQAAJ&pg=PA3. 
  6. ^ Cavendish; William (1698 - 1755); 3rd Duke of Devonshire” (英語). Royal Society. 2019年4月22日閲覧。
  7. ^ Diana, Princess of Wales: Frequently Asked Questions” (英語). www.dianapow.com. 2016年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]

  • William Cavendish, 3rd Duke of Devonshireに関連する著作物 - インターネットアーカイブ
  • ウィリアム・キャヴェンディッシュ - ナショナル・ポートレート・ギャラリー (英語) ウィキデータを編集
  • "ウィリアム・キャヴェンディッシュの関連資料一覧". イギリス国立公文書館. ウィキデータを編集
グレートブリテン議会英語版
先代:
ガルフリダス・ウォルポール英語版
ジョン・ニューシャム
庶民院議員(ロストウィシアル選挙区英語版選出)
1721年 – 1724年
同職:ジョン・ニューシャム 1721年 – 1722年
スタンホープ卿 1722年 – 1724年
次代:
サー・オーランド・ブリッジマン英語版
ヘンリー・パーソンズ英語版
先代:
ジョン・ウェスト閣下
リチャード・ウェスト英語版
庶民院議員(グラムパウンド選挙区英語版選出)
1722年1727年
同職:ハンフリー・モーリス英語版
次代:
ハンフリー・モーリス英語版
フィリップ・ホーキンス英語版
先代:
ジョン・ビッグ英語版
ジョン・プロビー英語版
庶民院議員(ハンティンドンシャー選挙区英語版選出)
1727年 – 1729年
同職:ジョン・ビッグ英語版
次代:
ジョン・ビッグ英語版
ロバート・ピゴット英語版
名誉職
先代:
セント・オールバンズ公爵
恩給紳士隊隊長
1726年 – 1731年
次代:
バーリントン伯爵
先代:
第2代デヴォンシャー公爵
ダービーシャー知事英語版
1729年 – 1755年
次代:
第4代デヴォンシャー公爵
公職
委員会制
最後の在位者
ウィルミントン伯爵
王璽尚書
1731年 – 1733年
次代:
ロンズデール子爵
先代:
チェスターフィールド伯爵
王室家政長官英語版
1733年 – 1737年
次代:
ドーセット公爵
先代:
ドーセット公爵
アイルランド総督
1737年 – 1744年
次代:
チェスターフィールド伯爵
先代:
ドーセット公爵
王室家政長官英語版
1745年 – 1749年
次代:
マールバラ公爵
イングランドの爵位
先代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ
デヴォンシャー公爵
1729年 – 1755年
次代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ
ハードウィックのキャヴェンディッシュ男爵
繰上勅書により)

1729年 – 1751年