ウィリアム・キャヴェンディッシュ=スコット=ベンティンク (第4代ポートランド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第4代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=スコット=ベンティンク
William Cavendish-Scott-Bentinck, 4th Duke of Portland
生年月日 1768年6月24日
没年月日 1854年3月27日
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
称号 枢密顧問官 (PC)
王立協会フェロー (FRS)
Fellow of the Society of Antiquaries (FSA)
配偶者 ヘンリエッタ・スコット
親族 第4代デヴォンシャー公爵 (祖父)
第3代ポートランド公爵 (父)
ジョージ・カニング (相婿)
ウィリアム・ベンティンク卿 (弟)
ジョージ・ベンティンク卿 (息子)

内閣 カニング内閣
在任期間 1827年4月30日 - 1827年7月
国王 ジョージ4世

内閣 カニング内閣
ゴドリッチ内閣
在任期間 1827年5月 - 1827年9月
国王 ジョージ4世

内閣 ゴドリッチ内閣
在任期間 1827年8月17日 - 1828年1月21日
国王 ジョージ4世
テンプレートを表示

第4代ポートランド公爵ウィリアム・ヘンリー・キャヴェンディッシュ=スコット=ベンティンク: William Henry Cavendish-Scott-Bentinck, 4th Duke of Portland1768年6月24日 - 1854年3月27日)は、イギリスの貴族、政治家。枢密顧問官王立協会フェローロンドン考古協会フェロー。

出生からポートランド公爵を襲爵する1809年までは「ティッチフィールド侯爵」の儀礼称号で称された。

経歴[編集]

1768年6月24日、後にイギリスの首相となる政治家の第3代ポートランド公爵ウィリアム・ベンティンク[註 1]と、妻のドロシー・キャヴェンディッシュの間に生まれる[1]。母ドロシーの父である第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ1756年から1757年にかけて首相を務めた。弟にインドの総督となったウィリアム・ベンティンク卿がいる。

ウェストミンスター・スクールを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学び[2]1793年に民法学博士号(D.C.L.)を取得[1]

1790年から1791年までハンプシャーピータースフィールド英語版選挙区[3][1][2]から、1791年から1809年までバッキンガムシャー州選挙区[4][1][2]から庶民院議員に選出される。また1807年3月から9月まで父の下で大蔵卿委員Lord of the Treasury[5]を務めた。1809年に父の死によりポートランド公爵を相続し、貴族院へ移る。

1827年4月に相婿のジョージ・カニングが組織した内閣において王璽尚書[6]として入閣。このとき同時に枢密顧問官に列せられた[6]。続いて同年8月に首相となった初代ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソンの下では枢密院議長Lord President of the Council[7]として入閣し、ゴドリッチ内閣が総辞職する翌1828年1月まで務めた。

またポートランドは1794年から1841年まで名誉職であるミドルセックス州州知事地方長官; Lord Lieutenant of Middlesex[8]に任じられていた。

家族[編集]

彼は1795年8月4日ジョン・スコット英語版の娘ヘンリエッタ(1844年没)とロンドンで結婚し[1]、同年9月19日に姓へ「スコット」を加えた[9]。夫妻は四男五女をもうけた。

註釈[編集]

  1. ^ 1801年にキャヴェンディッシュ=ベンティンクへ改姓した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “William Henry Cavendish-Scott-Bentinck, 4th Duke of Portland” (英語). thepeerage.com. 2010年12月18日閲覧。
  2. ^ a b c Biography of William Henry Cavendish-Scott-Bentinck, 4th Duke of Portland (1768-1854)” (英語). The University of Nottingham. ノッティンガム大学. 2010年12月18日閲覧。
  3. ^ Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "P"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2010年12月19日閲覧。
  4. ^ Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "B"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2010年12月19日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: no. 16015. p. 422. 1807年3月31日2010年12月18日閲覧。
  6. ^ a b The London Gazette: no. 18357. p. 961. 1827年5月1日2010年12月19日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 18389. p. 1785. 1827年8月21日2010年12月19日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 13691. p. 803. 1794年8月5日2010年12月19日閲覧。
  9. ^ The London Gazette: no. 13814. p. 954. 1795年9月15日2010年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
第10代ウェストモーランド伯爵
王璽尚書
1827年
次代:
第6代カーライル伯爵
先代:
初代ハーロウビー伯爵
枢密院議長
1827年 - 1828年
次代:
第3代バサースト伯爵
先代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク
ポートランド公爵
1809年 - 1854年
次代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ=スコット=ベンティンク