ウィリアム・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・キャンベル

ウィリアム・キャンベルWilliam Wallace Campbell1862年4月11日- 1938年6月14日)は、アメリカ合衆国天文学者である。火星大気のスペクトル研究、天体の体系的な視線速度の観測を行った。

オハイオ州ハンコック郡生まれ。ミシガン大学を卒業後、ミシガン大学講師、1891年からリック天文台で働き1900年から1930年までリック天文台の所長を務めた。1923年からはカリフォルニア大学(現在のカリフォルニア大学バークレー校)の学長も務めた。火星や星雲や新星のスペクトル研究を行い、天体の視線速度の体系的な測定するプロジェクトのリーダーとなった。

受賞歴[編集]

[編集]

命名[編集]

  • 小惑星:(2751) Campbell
  • 月のクレーター、火星のクレーター

外部リンク[編集]