ウィリアム・ウィリアムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・ウィリアムソン
William Williamson
WilliamWilliamson.jpg
生年月日 (1875-10-07) 1875年10月7日
出生地 Flag of the United States (1867–1877).svg アメリカ合衆国
Flag of Iowa.svg アイオワ州マハスカ郡
没年月日 1972年7月15日(1972-07-15)(96歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of South Dakota.svg サウスダコタ州カスター郡、カスター
出身校 サウスダコタ大学ロースクール
所属政党 GOP logo.svg 共和党
配偶者 クララ・ヴィクトリア・ダイス

選挙区 Flag of South Dakota.svg サウスダコタ州第3選挙区
当選回数 6回
在任期間 1921年3月4日 - 1933年3月3日
テンプレートを表示

ウィリアム・ウィリアムソン (英語: William Williamson, 1875年10月7日 - 1972年7月15日)は、アメリカ合衆国政治家、弁護士。所属政党は共和党ノルウェー系アメリカ人2世。サウスダコタ州の弁護士として、郡検事や巡回裁判所判事を歴任したほか、政治家としてアメリカ合衆国下院議員を6期務めた。

経歴・人物[編集]

1875年10月7日、ウィリアム・ウィリアムソンは、アイオワ州マハスカ郡ニュー・シャロン近郊で生まれた。父ヴィラム・ヴィラムソン・ハレランドと母マレン・インゲブレッツダッター・エルランドは、ともにノルウェー王国ハウゲスン市出身で、1872年にアメリカに渡ってきたノルウェー系アメリカ人1世で、1882年、ウィリアムソンは両親と共にサウスダコタ州オーロラ郡プランキントンに移住した。ドイツ系アメリカ人であるクララ・ヴィクトリア・ダイスと結婚した[1][2]

1903年サウスダコタ大学バーミリオン校を卒業し、1905年には同大ロースクールを卒業した。卒業証書免除で弁護士資格を得たため、司法試験を受けなかった。同年、サウスダコタ州ライマン郡オアコマで弁護士活動を開始した。

ライマン郡検事、第11司法地区裁判所巡回判事を歴任した後、1921年3月から1933年3月まで、連邦下院議員に選出された。1912年には共和党全国大会の代表を務め、第6869議会では内務省支出委員会委員長、第7071議会では行政府支出委員会委員長を務めた[3]

下院議員引退後は、ピッドシティで弁護士としての活動を再開し、サウスダコタ州の司法長官特別補佐官や州公益事業委員会の顧問弁護士を担当したほか、サウスダコタ州保険局にも務めた。

1972年7月15日、サウスダコタ州カスターで死去。サウス・ダコタ州ラピッド・シティのパイン・ローン墓地に埋葬されている[4]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Østrem, Nils Olav (2015). Den store utferda. Utvandring frå Skjold og Vats til Amerika 1837–1914. Oslo: Scandinavian Academic Press.
  2. ^ "William Williamson, amerikansk kongressmedlem fra 1921 til 1933, besøker slektninger i Skjold", Haugesunds Avis, 3 June 1955, pp. 1, 6.
  3. ^ Biographical Directory of the United States Government
  4. ^ Find-A-Grave

外部リンク[編集]

  • United States Congress. "ウィリアム・ウィリアムソン (id: W000553)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).
  • William Williamson's biography
  • William Williamson Papers at Special Collections and Archives at The University of South Dakota, Vermillion
アメリカ合衆国下院
先代:
ハリー・ガンディー
アメリカ合衆国の旗 サウスダコタ州第3選挙区
選出議員

第3代: 1921年3月4日 - 1933年3月3日
選挙区廃止