ウィラワン・アピヤポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィラワン・アピヤポン
วิลาวัณย์ อภิญญาพงศ์
 No.10
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Wilavan Apinyapong 5.jpg
基本情報
国籍 タイ王国の旗 タイ
生年月日 (1984-06-06) 1984年6月6日(32歳)
ラテン文字 Wilavan Apinyapong
タイ語表記 วิลาวัณย์ อภิญญาพงศ์
身長 174cm
体重 64kg
選手情報
所属 アゼルバイジャンの旗 イトゥサチ・バクー
ポジション WS
利き手
スパイク 282cm
ブロック 268cm
テンプレートを表示

ウィラワン・アピヤポン(Wilavan Apinyapong, 1984年6月6日 - [1])は、タイの女子バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカーバレーボールタイ王国女子代表

来歴[編集]

身長は174cmと小柄だが、安定したサーブレシーブから速い切り返しを得意とする。ミドルブロッカーをおとりにしての平行トスから絶妙なタイミングで放つスパイクが武器である[要出典]

2001年タイ代表に初選出される。同年に開催されたアジア選手権でデビューし、3位に入った。2004年アテネオリンピック世界最終予選ワールドグランプリに出場した。

2007年より代表チームの主将に就任した。同年に地元で開催されたアジア選手権で銅メダル獲得に貢献した。ワールドカップバレー2007では主にレフトでプレーし、日本戦では効果的なアタックを見せた[要出典]。大会を通してのレシーブランキングでも5位に入った。

2009年にベトナムで行われたアジア選手権で初優勝を果たした。同年11月のグラチャン、翌年の世界選手権などにも出場した。

2011年のAVCクラブ選手権に出場し、MVPに選ばれた。同年のワールドグランプリでは6位入賞した。

2012年FIVBワールドグランプリで4位と好成績を残す原動力となった。同年のAVCカップでは中国を下し、金メダルを獲得した。2012-13シーズンよりアゼルバイジャンリーグの強豪イトゥサチ・バクーに移籍した。

2013年アジア選手権では2大会ぶりに優勝を果たし、自身も大会MVPを受賞した。

球歴[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIVBワールドグランプリ2013 公式プログラム 54ページ

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ウィラワン・アピヤポンに関するカテゴリがあります。