ウィデメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィデメールラテン語: Videmiro、生年不詳 - 474年頃)は5世紀ゴート人の指導者の一人。同時代に東ローマ帝国で活躍したゴート人の指導者ウァラメールティウディミールらとともに「兄弟王」と呼ばれたが、三者の間に直接的な血縁があったかは不明である。子にウィデメールポルトガル語版(父と同名)がいる。

生涯[編集]

ウィデミールは5世紀ゴート人の指導者の一人で、初めはフン族の王アッティラに従い、451年カタラウヌムの戦いではアッティラの下でゴート人の集団を率いていた。しかし453年にアッティラが没した後には徐々にフン族の連合体から離脱して、遅くとも456年頃までには同じくゴート人の指導者だったウァラメールティウディミールらとともに東ローマ帝国の皇帝マルキアヌスによって雇用された。パンノニアの南部に定住したウィデミールは、459年にはウァラメールが起こした東ローマ帝国への待遇改善の争いに参加し、469年にはティウディミールとともにボリア川の戦い英語版をゴート人の勝利へと導いた。

しかし472年または473年に、度重なる戦争によって荒廃したパンノニアに見切りをつけてイタリア本土へ向けて出発した[1][2]。しかし、474年には子のウィデメールポルトガル語版(父と同名)が西ローマ皇帝グリケリウスの勧めによって西ゴート王国の王エウリックの下でガリアリムーザンを与えられており、それ以前にウィデメールはイタリアで死去していたものと考えられる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 岡地1995、p.78。
  2. ^ 尚樹1999、p.126。

参考文献[編集]

  • 岡地稔「ゲルマン部族王権の成立」『西欧中世史 [上] 継承と創造』佐藤彰一早川良弥ミネルヴァ書房、1995年。ISBN 4623025209
  • 尚樹啓太郎『ビザンツ帝国史』東海大学出版会、1999年。ISBN 4486014316
先代:
ウァラメール
ゴート王
 ? - 474年頃
次代: