ウィッチャー3 ワイルドハント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィッチャー3から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィッチャー3 ワイルドハント
The Witcher 3: Wild Hunt
対応機種 PCMicrosoft Windows
PlayStation 4
Xbox One
Nintendo Switch
開発元 CD Projekt RED
Switch版移植
Saber Interactive英語版
発売元 世界 CD Projekt
日本の旗 スパイク・チュンソフト(PS4版、Switchパッケージ版)
販売元 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテインメント英語版
欧州連合の旗オーストラリアの旗 バンダイナムコエンターテインメント
シリーズ ウィッチャーシリーズ
発売日 WindowsPS4Xbox One
世界 2015年5月19日
日本の旗 2015年5月21日
Nintendo Switch
世界 2019年10月15日予定
日本の旗 2019年10月17日予定
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
USK18(18歳未満提供禁止)
ダウンロード
コンテンツ
あり
売上本数 世界の旗1000万本弱(出荷本数[1]
PlayStation 4
日本の旗23万本[2]
Xbox One
日本の旗2,315本[3]
テンプレートを表示
2014年に開かれた制作発表の様子
リヴィアのゲラルト、像

ウィッチャー3 ワイルドハント』(ポーランド語:Wiedźmin 3: Dziki Gon、英題:The Witcher 3: Wild Hunt)は、ポーランドのゲーム開発会社CD Projekt REDが開発したコンピュータゲーム。ジャンルはアクションロールプレイングゲームオープンワールドの特徴を持つ。2015年5月19日にPC版、PlayStation 4版、Xbox One版が発売された。日本ではスパイク・チュンソフトより2015年5月21日にPS4版、Xbox One版が発売された。また、2015年10月13日には拡張パック第1弾『無情なる心』の配信が開始され、第2弾『血塗られた美酒』は2016年5月30日に配信された[4][5]

アンドレイ・サプコフスキによるポーランドのファンタジー小説『ウィッチャー』(原題:Saga o wiedźminie)を原作とする本作は 、ウィッチャーと呼ばれる魔物退治の専門家、リヴィアのゲラルト英語版の活躍を描いたウィッチャーシリーズの3作目にして、最後のゲラルトの物語である。

ゲーム内容[編集]

本作の主人公であるゲラルトは、「ウィッチャーの感覚」という能力を持ち、隠されていたアイテムや、クエストを進める手がかりなどを得ることができる。また、瞑想を行うことによりゲーム内の時間を進行させ、体力を回復させることなどもできる。

難易度は、「ストーリー」「ストーリー&バトル」「ブラッド&ハードコア」「デスマーチ」の4段階に分かれており、ゲーム進行中にいつでも変更することができる。4つの難易度のうち「ブラッド&ハードコア」と「デスマーチ」は瞑想による体力回復が無効化されている[6]

前作ウィッチャー2英語版のセーブデータシミュレーションにも対応しており、ゲーム序盤でオンにすると、その時のゲラルトの決断をストーリーに反映させることができる[6]。なお、オフにすることも可能であり、前作を知らなくてもプレイできる仕組みになっている[6]

プレイ時間は、メインストーリーに50時間、それ以外に50時間の合計100時間が見込まれている。[7]。サイドストーリーには「ウィッチャーへの依頼」というカテゴリーがあり、これは人々からモンスターの退治を依頼され、モンスターの正体や弱点などの情報を収集して戦いを挑むというものである[8]。 クエストは全て人間の手で用意されたものであり、自動生成される繰り返しクエストはない[9]。また、ゲーム内にてグウェントと呼ばれるトレーディングカードゲームがプレイできる。

プレイヤーのとった選択で、ゲラルトをとりまく人間関係、世界情勢などが変化していく。メインクエストの結果でWitcher3の世界は36種類の状況があり、サブクエストの選択結果も反映されるエンディングデモが3種用意されている[10]

ストーリーに合わないため多人数プレイに対応しておらず、QTEは無い[11]。また、プレイヤーの権利を制限するのを避けるという観点から、デジタル著作権管理の搭載も行っていない[11]

評価[編集]

発売前の予約本数は100万本を超えた[12]、発売後2週間で400万本が販売された[13]The Game Awards 2015にて「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞[14]

ゴールデンジョイスティックアワード2015にて「ベストストーリーテリング」、「ベストビジュアルデザイン」、「ベストゲーミングモーメント」と「アルティメットゲームオブジイヤー」を受賞。[15]

週刊ファミ通』のクロスレビューでは4人のレビュアーによる評価で、40点満点中37点を獲得した[16]。1人のレビュアーがバトルについて「オーソドックスにまとまりすぎた印象」、2人のレビュアーが「システム面や、インターフェースについて複雑さを感じたりもする」「オープンワールドでの膨大な量の情報や操作性を含めて、多少の煩雑さは否めない」と意見をつけたものの、問題点とはしていない。また、4人とも購入を推奨する今週(2015年6月1日ー6月7日)のゲームとして『ウィッチャー3 ワイルドハント』を提示した[17]


出典[編集]

  1. ^ https://www.gamespot.com/articles/witcher-3-ships-almost-10-million-copies-report/1100-6435592/
  2. ^ 「プレイステーション4 2年の歩み PS4用ソフト累計販売本数TOP20(2016年2月7日時点)」『週刊ファミ通』第1420巻2016年3/3号、 6頁。
  3. ^ 【週間ソフト販売ランキング TOP50】PS4『ウィッチャー3 ワイルドハント』が初登場1位を獲得(5月18~24日)”. 2016年2月21日閲覧。
  4. ^ Blood and Wine -- Out Now!”. 2019年5月28日閲覧。
  5. ^ 『ウィッチャー3 ワイルドハント』 エキスパンション・パック第1弾ローンチトレーラーが公開”. ファミ通 (2015年10月9日). 2015年10月30日閲覧。
  6. ^ a b c 今度のゲラルトは名探偵? 「ウィッチャー3 ワイルドハント」のプレイレポートおよび開発者インタビューをお届け」”. 4Gamer.net (2015年4月1日). 2015年7月12日閲覧。
  7. ^ Rio Tani (2013年6月23日). “新システム詳細や次世代機開発に迫る『The Witcher 3: Wild Hunt』ゲームディレクターインタビュー”. GamesPark (IID). http://www.gamespark.jp/article/2013/06/23/41650.html 2015年7月12日閲覧。 
  8. ^ [1]
  9. ^ “The Witcher 3 – ‘No repeated quests’ promises CD Projekt RED”. X-One (Imagine Publishing). http://www.xb1.co.uk/interviews-2/the-witcher-3-no-repeated-quests-promises-cd-projekt-red/ 2015年7月12日閲覧。 
  10. ^ ishigenl=http://www.gamespark.jp/article/2013/03/27/39803.html+(2013-04.27).+“『The Witcher 3』のエンディングには3つのエピローグと36のワールド状況が存在、総数は300種類以上に”. GamesPark (IID) 
  11. ^ a b RIKUSYO (2013年4月26日). “CD Projekt RED: 『The Witcher 3』にはマルチプレイヤー、QTE、DRMを搭載しない”. GamesPark (IID). http://www.gamespark.jp/article/2013/04/26/40425.html 2015年7月12日閲覧。 
  12. ^ [2]
  13. ^ Robert Purchese (2015年6月9日). “The Witcher 3 sells 4m copies in two weeks”. Eurogamer.net (Gamer Network). http://www.eurogamer.net/articles/2015-06-09-the-witcher-3-sells-4m-copies-in-two-weeks 2015年7月12日閲覧。 
  14. ^ “『ウィッチャー3 ワイルドハント』がゲーム・オブ・ザ・イヤーなど複数の賞を受賞! 【The Game Awards 2015】”. ファミ通.com. (2015年12月3日). http://www.famitsu.com/news/201512/04094544.html 
  15. ^ 歴史的ゲームアワード「Golden Joystick Awards 2015」の受賞作品が発表!GameSpark 2015年10月31日
  16. ^ 評価基準:4人のレビュアーが各10点満点(7点で標準的な完成度)で評価。合計30点以上で良質なゲーム
  17. ^ 乱舞吉田、ジゴロ☆芦田、ブンブン丸、本間ウララ、ローリング内沢、2015、「新作ゲーム クロスレビュー」、『週刊ファミ通』(2015年 6/11)、エンターブレイン pp. 17-19

関連項目[編集]

外部リンク[編集]