ウィズイン・テンプテーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィズイン・テンプテーション
Within Temptation
Within Temptation 2015 Kyiv 03.JPG
ウクライナ・キエフ公演 (2015年)
基本情報
出身地 オランダの旗 オランダ
南ホラント州ワディンクスフェーン
ジャンル シンフォニックメタル
ゴシックメタル
活動期間 1996年 - 現在
レーベル DSFAレコード
スーパーソニック・レコード
ロードランナー・レコード
BMG
公式サイト Within Temptation.com
メンバー シャロン・デン・アデル (ボーカル)
ローベルト・ヴェスターホルト (ギター)
ルード・ヨリー (ギター)
ステファン・ヘレブラット(ギター)
イェローン・フォン・フェーン (ベース)
マルテン・スピーレンブルフ (キーボード)
マイク・コーレン (ドラムス)
旧メンバー イヴァル・デ・グラーフ (ドラムス)
マルテン・ヴェスターホルト (キーボード)
ミヒール・パッペンホーフェ (ギター)
イェレ・バッカー (ギター)
シロ・パルマ (ドラムス)
マリウス・ファン・ピレーン (ドラムス)
デニーズ・レーフラン (ドラムス)
リシャール・ヴィレムス (ドラムス)
ステフェン・ファン・ハストレット (ドラムス)

ウィズイン・テンプテーション (Within Temptation) は、オランダシンフォニックメタルバンド

欧州を代表する、シンフォニックゴシックメタルの中心的存在として知られる。

来歴・背景[編集]

シャロン・デン・アデル(Vo) (2015年)
プロデューサー / ローベルト・ヴェスターホルト(G)

1996年夏、オランダヘヴィメタルバンド、ザ・サークル(後にヴォヤージュに改名)のギター&ボーカリスト、ローベルト・ヴェスターホルトと、同バンドにゲスト参加経験のある女性シンガー シャロン・デン・アデルが中心になって結成された。メンバーは昔からの親友同士で、シャロンはヴェスターホルトのガールフレンドでもあった。

1997年、デモ・テープの段階から話題となり、母国オランダのDSFAレコードからデビューアルバム『Enter』をリリース。欧州ツアーを行い『ダイナモフェス』などのビッグイベントに出演するなど、人気と知名を上げる。

1998年には、EP『THE DANCE』をリリースしたものの、その後メンバーは学業や就職の影響で活動が滞るようになる。シャロンはファッション会社に勤務し、ローベルトはインターネット会社に務めるなど兼業していた。しかしバンドの人気が加熱し、音楽活動に専念する為それぞれ退職。翌年から、次回作の創作に没頭する。

2000年12月、2ndアルバム『Mother Earth』を発表。オランダのアルバムチャートで3ヶ月以上ランクインし、母国とドイツベルギープラチナム・ディスクを獲得するなど、前作を上回る評価を受ける。

2004年11月、ドイツのGUN レコード傘下のスーパーソニック・レコードから3rdアルバム『ザ・サイレント・フォース』をリリースする。シングルカットされた「Stand My Ground」のヒットとともに前作以上にブレイクし、アルバムはオランダでチャート1位を獲得。再びプラチナム・ディスクを獲得するとともに、7か国でゴールドディスク認定されるなど欧州の権威ある音楽賞各賞を受賞し、これを機に英国豪州日本でもリリースされるようになる。これらが評価され、母国で『DUTCH MUSIC AWARD』(オランダの音楽輸出に多大なる功績を残したことを讃える賞)を受賞する。その後、ロードランナー・レコードに移籍し、2007年に4thアルバム『The Heart of Everything』をリリース。

2011年、バンド初のコンセプトアルバム『The Unforgiving』をリリース[1]。スティーヴン・オコーネル原作、ロマノ・モレナーが作画を担当した同タイトルのアメリカン・コミックスとタイアップした[2]。その後、BMGに移籍。

2014年、元ナイトウィッシュターヤ・トゥルネン[3]、元キルスウィッチ・エンゲイジのハワード・ジョーンズなどがゲスト参加した意欲作『Hydra』をリリース。ギター3人編成で初のアルバムとなった[4]

メンバー[編集]

  • シャロン・デン・アデル (Sharon den Adel) - ボーカル (1996- ) 夫はヴェスターホルト
  • ローベルト・ヴェスターホルト (Robert Westerholt) - ギター(1996- ※2011年以降は製作とスタジオ録音に専念) 妻はシャロン
  • ルード・ヨリー (Ruud Jolie) - ギター (2001- )
  • ステファン・ヘレブラット (Stefan Helleblad) - リズムギター (2011- )
  • イェローン・ファン・フェーン (Jeroen van Veen) - ベース (1996- )
  • マルテン・スピーレンブルフ (Martijn Spierenburg) - キーボード (2001- )
  • マイク・コーレン (Mike Coolen) - ドラムス (2011- )
        
ルード・ヨリー(G) (2015年)
ステファン・ヘレブラット(G) (2015年)
フォン・フェーン(B) (2015年)
マルテン・スピーレンブルフ(Key) (2015年)
マイク・コーレン(Ds) (2015年)

旧メンバー[編集]

  • イヴァル・デ・グラーフ (Ivar de Graaf) - ドラムス (1996-1998, 1999-2001)
  • マルテン・ヴェスターホルト (Martijn Westerholt) - キーボード (1996-2001)
  • ミヒール・パッペンホーフェ (Michiel Papenhove) - ギター (1996-2001)
  • イェレ・バッカー (Jelle Bakker) - ギター (2001)
  • シロ・パルマ (Ciro Palma) - ドラムス (1998-1999)
  • マリウス・ファン・ピレーン (Marius van Pyreen) - ドラムス (1998)
  • デニーズ・レーフラン (Dennis Leeflang) - ドラムス (1996)
  • リシャール・ヴィレムス (Richard Willemse) - ドラムス (1996)
  • ステフェン・ファン・ハストレット (Stephen van Haestregt) - ドラムス (1999-2010)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Enter (1997年)
  • Mother Earth (2000年)
  • The Silent Force - ザ・サイレント・フォース (2004年)
  • The Heart Of Everything (2007年)
  • Black Symphony (2008年・ライブアルバム)
  • An Acoustic Night at the Theatre (2009年・ライブアルバム)
  • The Unforgiving (2011年)
  • The Q-Music Sessions (2013年・コンピレーション)
  • Hydra (2014年)
  • Let Us Burn – Elements & Hydra Live in Concert (2014年・ライブアルバム)
  • Resist(2018年)

EP[編集]

  • The Dance (1998年)
  • The Howling (2007年)

シングル[編集]

ライブビデオ[編集]

  • Mother Earth Tour (2003年)
  • The Silent Force Tour (2005年)
  • Let Us Burn – Elements & Hydra Live in Concert (2014年)[5]

日本公演[編集]

受賞歴[編集]

オランダ
  • 3FM賞 (2006, 2007, 2009)
  • Buma Cultuur賞 (2003-2006, 2011, 2016)
  • エジソン賞 (2003, 2005)
  • オランダTMFアワード (2002, 2007)
ドイツ
  • メタルハマー賞 (2014)
ベルギー
  • ベルギーTMFアワード (2002, 2005, 2007)
IFPI
欧州
  • MTVヨーロッパ音楽賞 (2007)
米国
  • Loudwireミュージックアワード (2011, 2014)
  • リボルバー ゴールデンゴッド (2005)

脚注[編集]

外部リンク[編集]