ウィスパーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィスパーズ
The Whispers at Gardner's Basin Atlantic City 2013.jpg
2013年8月24日、アトランティックシティのガードナーズベイスンでのささやき。
基本情報
出身地 米国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル

R&B 魂 ファンク ディスコ

ブギー
活動期間 1963年–現在
レーベル

ソウルクロック ヤヌス 太陽

キャピトルレコード
公式サイト thewhispers.com
メンバー

ウォレススコット ウォルタースコット

Leaveil度
旧メンバー

マーカス・ハトソン(故人) ドン・オーティス・クーパー(故人) ゴーディ・ハーモン

ニコラス・コールドウェル(故人)

ウィスパーズ (The Whispers) はカリフォルニア州ロサンゼルス出身のアメリカ人グループで、1960年代後半からヒット曲を記録しています。彼らは、1980年の「And the Beat Goes On」と、1987年の「Rock Steady」の2つのナンバーワンR&Bシングルで最もよく知られています。

キャリア[編集]

ウィスパーズは1963年にカリフォルニア州ワッツで結成されました。元のメンバーには、ゴーディハーモン、マーカスハトソン、ニコラスコールドウェルとともに、同一の双子の兄弟であるウォレス「スコッティ」とウォルタースコットが含まれていました。 1966年にスライストーンによってサンフランシスコベイエリアに招待された後、グループはそのエリアに移り、ショーを止めるライブアクトとしての評判を高め始めました。ウォルター・スコットは、その期間中に18か月間ベトナム戦争で奉仕するように起草され、退院後1969年にグループに戻った。ハーモンは1973年に運転事故で喉頭を負傷した後、元フレンズ・オブ・ディスティンクションのメンバーであるリービル・ディグリーに交代しました。

このグループは、 1989年のワールドシリーズのゲーム2を、国歌を演奏してオークランド-アラメダ郡コロシアムで開催しました。

マーカスハトソンは、前立腺癌のために1992年にグループを去りました。ウィスパーズのウェブサイトによると、2000年5月23日にハットソンが亡くなったとき、彼らは彼に取って代わることはないと誓い、カルテットとして演奏を始めました。

ジェリー・マクニールは、家族と過ごす時間を増やすために、1993年後半にキーボーディストとしての地位を辞任しました。

2014年、ウィスパーズは公式R&Bミュージックホールオブフェイムに就任しました。

フィラデルフィアのソウルソングライターチームであるアランフェルダー、ノーマンハリス、バニーシグラー、ロニーベイカーは、「私の子供のための母」や「ビンゴ」など、ウィスパーズの曲をいくつか提供しました。

賞と表彰[編集]

  • 1980年3月18日–シングル「And The Beat Goes On」のRIAAゴールドレコード。 [1]
  • 1980年3月18日– The Whispersは、アルバム「The Whispers」で、 RIAAゴールド&プラチナステータスを獲得しました。 [2]
  • 1981年3月12日–ウィスパーズは、「イマジネーション」のレコーディングでRIAAゴールドアルバムを獲得しました。 [3]
  • 1982年11月9日–アルバム「 Love Is Where You Find It 」は、3枚目のRIAAゴールドアルバムになりました。 [2]
  • 1987年7月20日–ウィスパーズは、「 Just Gets Better With Time 」のレコーディングで、RIAAゴールドアルバムを受け取りました。 [3]
  • 1988年2月9日–ウィスパーズは、「 Just Gets Better With Time 」のレコーディングで、RIAAプラチナアルバムを受け取りました。 [4]
  • 1991年5月24日– The Whispersは、「 More Of The Night 」のレコーディングでRIAAゴールドアルバムを受け取りました。 [3]
  • 2002 –ウィスパーズはNAACPイメージアワードを受賞しました。
  • 2003 –ウィスパーズはボーカルグループの殿堂入りしました。 [5]
  • 2005年–グラミー賞のサンフランシスコ支部は、アカデミー支部から授与された最高の栄誉である名誉ある知事賞をウィスパーズに授与しました。 [6]
  • 2007 –ウィスパーズは、ラスベガスでアメリカンブラックミュージックアワードを受賞しました。
  • 2008年–ウィスパーズは、リズムアンドブルース財団の権威あるパイオニア賞を受賞しました。 [7]
  • 2012 –ソウルミュージック殿堂賞。 [8]
  • 2013年–ソウルトレインクルーズで音楽業界で50年間、生涯功労賞を授与されました。 [9]
  • 2014 –ウィスパーズは公式R&Bミュージックホールオブフェイムに就任しました。

人員[編集]

現在のメンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • マーカス・ハトソン(1943年1月8日生まれ、ミズーリ州セントルイス、2000年5月23日死亡)(1963–1992)
  • ゴーディ・ハーモン(1963–1973)
  • ニコラス・コールドウェル(1944年4月5日生まれ、カリフォルニア州ロマリンダ、2016年1月5日カリフォルニア州サンフランシスコで死亡) [10] (1963–2016)

元音楽監督[編集]

  • Grady "G" Wilkins Jr –ミュージシャン、ライター、プロデューサー、ボーカリスト、キーボード奏者、ウィスパーズの音楽監督。 1955年12月30日、カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ、2013年12月19日に亡くなりました。 [11]
  • Fulton L. Tashombe –ミュージシャン、ボーカリスト、作曲家、アレンジャー、プロデューサー、サウンドエンジニア、音楽教育者、俳優、キーボード奏者、ヘッドライトの音楽監督。 1950年1月7日、カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ、2017年10月14日に亡くなりました[12]

ミュージシャンのサポート[編集]

  • エミリオ・コネサ–ギター
  • ジョン・バレンチノ–サックス
  • Dewayne Sweet –キーボード
  • リチャード・アグオン–ドラム
  • マジックメンデス–プロデューサー、ベース、キーボード、バックボーカル
  • ハーモニーブラックウェル–プログラミング、バックボーカル、解釈ダンス
  • 岩田彩–キーボード

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

List of studio albums, with selected chart positions
Title Album details Peak chart positions Certifications
US

US
R&B/HH[13]
CAN

UK[14]
The Whispers
  • Released: 1970
  • Label: Soul Clock
The Whispers' Love Story
  • Released: 1972
  • Label: Janus
186 34
Life and Breath
  • Released: 1972
  • Label: Janus
44
Planets of Life (re-release of The Whispers)
  • Released: 1973
  • Label: Janus
48
Bingo
  • Released: 1974
  • Label: Janus
40
One for the Money 189 40
Open Up Your Love 65 23
Headlights
  • Released: 1978
  • Label: SOLAR
77 22 80
Whisper in Your Ear
  • Released: 1979
  • Label: SOLAR
146 28
Happy Holidays to You
  • Released: 1979
  • Label: SOLAR
201 50
The Whispers
  • Released: 1979
  • Label: SOLAR
6 1
Imagination
  • Released: 1980
  • Label: SOLAR
23 3 42
This Kind of Lovin'
  • Released: 1981
  • Label: SOLAR
100 15
Love Is Where You Find It
  • Released: 1982
  • Label: SOLAR
35 1
Happy Holidays to You (re-release)
  • Released: 1982
  • Label: SOLAR
58
Love for Love
  • Released: 1983
  • Label: SOLAR
37 2
So Good
  • Released: 1984
  • Label: SOLAR
88 8
Just Gets Better with Time
  • Released: 1987
  • Label: SOLAR
22 3 63
More of the Night 83 8
Christmas Moments 42
Toast to the Ladies 92 8
Songbook, Vol. 1: The Songs of Babyface 27
For Your Ears Only
  • Released: 2006
  • Label: Satin Tie
88
Thankful
  • Released: 2009
  • Label: Kingdom
172 25
"—" denotes a recording that did not chart or was not released in that territory.

ライブアルバム[編集]

選択したチャート位置を含むライブアルバムのリスト
タイトル アルバムの詳細 ピークチャート位置
US US
R&B / HH
ラスベガスからのライブ
  • リリース:2007
  • ラベル:サテンネクタイ
「—」は、その地域でチャートを作成しなかったか、リリースされなかったレコーディングを示します。

コンピレーションアルバム[編集]

選択したチャート位置を含むコンピレーションアルバムのリスト
タイトル アルバムの詳細 ピークチャート位置
US US
R&B / HH[13]
グレイテスト・ヒッツ
  • リリース:1975
  • レーベル: Janus
48
ささやきのベスト
  • リリース:1982
  • ラベル: SOLAR
180
ヴィンテージウィスパーズ
  • リリース:1989
  • ラベル: SOLAR
インザムード
  • リリース:1990
  • ラベル: SOLAR
グレイテスト・ヒッツ
  • リリース:1990
  • ラベル:ユニディスク
30周年記念アンソロジー
  • リリース:1994
  • ラベル:続編
Greatest Slow Jams、Vol。 1
  • リリース:1996
  • ラベル:SOLAR
87
グレイテスト・ヒッツ
  • リリース:1997
  • ラベル:SOLAR
89
ささやきのベスト
  • リリース:2000
  • ラベル: EMI-キャピトル
アーリーゴールド&ニュースピン
  • リリース:2001
  • ラベル:パープルピラミッド
Greatest Slow Jams、Vol。 2
  • リリース:2001
  • ラベル:SOLAR
ささやきのベスト
  • リリース:2002
  • レーベル: BMG Int'l
アンソロジー
  • リリース:2003
  • ラベル:正しいもの
「—」は、その地域でチャートを作成しなかったか、リリースされなかったレコーディングを示します。

シングル[編集]

List of singles, with selected chart positions
Title Year Peak chart positions Certifications
US[16] US
A/C[17]
US
Dan[18]
US
R&B/HH[19]
BE (FLA)[20] FRA[21][22] IRE[23] NL[24] NZ[25] UK[14]
"It Only Hurts for a Little While" 1964
"Never Again" 1965
"The Dip"
"As I Sit Here"
"Doctor Love"
"I Was Born When You Kissed Me" 1966
"Take a Lesson From the Teacher"
"You Got a Man on Your Hands" 1967
"Needle in a Haystack"
"Great Day" 1968
"I Was Born When You Kissed Me" (re-release) 1969
"The Time Will Come" 17
"What Will I Do"
"Planets of Life" 1970
"Seems Like I Gotta Do Wrong" 50 6
"I'm the One"
"There's a Love for Everyone" [注釈 1] 31
"Your Love Is So Doggone Good" 1971 93 19
"Where Have You Been"
"Can't Help But Love You" 1972 [注釈 2] 35
"I Only Meant to Wet My Feet" 27
"Somebody Loves You" 94 45
"P.O.W. - M.I.A. (Prisoners Of War - Missing In Action)" 1973
"Feel Like Comin' Home"
"A Mother for My Children" 92 32 54[注釈 3]
"Bingo" 1974 40
"What More Can a Girl Ask For?" 60
"Where There Is Love"
"All I Ever Do (Is Dream of You)" 1975
"Give a Little Love"
"In Love Forever" 40
"One for the Money (Part 1)" 1976 88 22 10
"Living Together (In Sin)" [注釈 4] 21
"You're Only as Good as You Think You Are" 1977 91
"Make It with You" 94 16 10 59[注釈 3]
"I'm Gonna Make You My Wife" 54
"(You're A) Special Part of My Life" 1978
"(Let's Go) All the Way" [注釈 5] 10
"(Olivia) Lost and Turned Out" 13
"Happy Holidays to You"
"Can't Do without Love" 1979 43
"Homemade Lovin'" 66
"A Song for Donny" 21
"And the Beat Goes On" 19 1 1 30 12 14 19 7 2
"Lady" 1980 28 40 3 55
"My Girl" 26
"Out the Box"
"Imagination"
"It's a Love Thing" 1981 28 4 2 9 10 17 11 9
"I Can Make It Better" [注釈 6] 4 40 44
"This Kind of Lovin'" 20 17
"I'm the One for You"
"In the Raw" 1982 [注釈 7] 8 8
"Emergency" 22
"Love is Where You Find It"
"Tonight" 1983 84 18 4
"Keep on Lovin' Me" 18 4
"This Time" [注釈 8] 32 81
"Contagious" 1984 [注釈 9] 59 10 33 56
"Some Kinda Lover" 1985 [注釈 10] 17 91
"Don't Keep Me Waiting" 60
"Hello Stranger" (with Carrie Lucas) 20
"And the Beat Goes On" (re-release) 1987 26 39 45
"Rock Steady" 7 49 1 45 38
"Special F/X" 69
"Just Gets Better with Time" 12
"In the Mood" 16
"No Pain, No Gain" 1988 74 81
"Innocent" 1990 55 3
"My Heart Your Heart" 4
"Mind Blowing"
"Give It to Me"
"Is It Good to You" 1991 7
"I Want 2B the 1 4U" 58
"Make Sweet Love to Me" 1995 41
"Come on Home" 60
"I'm Gonna Make You My Wife" (re-release) 1996
"Caravan of Love"

(with Russ Freeman & the Rippingtons)
89
"My, My, My" 1997 73
"Where There Is Love" (re-release) 2002
"—" denotes a recording that did not chart or was not released in that territory.


関連項目[編集]

  • ナンバーワンダンスヒットリスト(アメリカ)
  • 米国のダンスチャートで1位に達したアーティストのリスト

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ "There's a Love for Everyone" did not enter the US Billboard Hot 100, but may have peaked at number 16 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[要出典]
  2. ^ "Can't Help But Love You" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 14 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[26]
  3. ^ a b Chart position is from the official UK "Breakers List".
  4. ^ "Living Together (In Sin)" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 1 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[27]
  5. ^ "(Let's Go) All the Way" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 1 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[28]
  6. ^ "I Can Make It Better" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 5 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[30]
  7. ^ "In the Raw" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 3 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[31]
  8. ^ "This Time" did not enter the US Billboard Hot 100, but may have peaked at number 10 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[要出典]
  9. ^ "Contagious" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 5 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[32]
  10. ^ "Some Kinda Lover" did not enter the US Billboard Hot 100, but peaked at number 6 on the Bubbling Under Hot 100 Singles chart.[33]

出典[編集]

  1. ^ Gold Single”. RIAA. 2020年10月23日閲覧。
  2. ^ a b Gold & Platinum Album”. RIAA. 2020年10月23日閲覧。
  3. ^ a b c Gold Album”. RIAA. 2020年10月23日閲覧。
  4. ^ Platinum Album”. RIAA. 2020年10月23日閲覧。
  5. ^ The Whispers – Inductees – The Vocal Group Hall of Fame Foundation”. vocalgroup.org. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月8日閲覧。
  6. ^ MixLine Feature: The Doobies, The Whispers Honored at S.F. Chapter of the Recording Academy's 2005 Governors Awards”. Mixonline (2005年6月16日). 2020年10月23日閲覧。
  7. ^ 20th Annual Rhythm & Blues Foundation's Pioneer Awards Show • Bonnie's Pride and Joy”. Bonnie's Pride and Joy (2008年9月12日). 2020年10月23日閲覧。
  8. ^ SoulMusic.com”. archive.is (2013年1月11日). 2013年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  9. ^ The Whispers and Tony Cornelius Plan a "Family Reunion" at A Wine Tasting… | Soul Train Cruise” (英語). soultraincruise.com. 2020年10月23日閲覧。
  10. ^ "We Remember: Nick Caldwell of the Whispers Dies at 71", EuroWeb. Retrieved 6 January 2016
  11. ^ R.I.P. Grady Wilkins, musical director of the Whispers | SoulTracks - Soul Music Biographies, News and Reviews”. SoulTracks. 2016年2月26日閲覧。
  12. ^ Tashombe: Celebrating the Life of Fulton L. Tashombe – YouTube Video – Facebook, R.I.P
  13. ^ a b “US Charts > The Whispers”. Billboard. オリジナルのMarch 16, 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160316062411/http://www.allmusic.com/artist/the-whispers-mn0000482787/awards 2016年9月26日閲覧。. 
  14. ^ a b UK Charts > The Whispers”. Official Charts Company. 2016年9月26日閲覧。
  15. ^ a b c d e US Certifications > The Whispers”. Recording Industry Association of America. 2016年9月26日閲覧。
  16. ^ The Whispers”. Billboard. 2020年11月19日閲覧。
  17. ^ The Whispers”. Billboard. 2020年11月19日閲覧。
  18. ^ The Whispers”. Billboard. 2020年11月19日閲覧。
  19. ^ The Whispers”. Billboard. 2020年11月19日閲覧。
  20. ^ ULTRATOP BELGIAN CHARTS”. ultratop.be. 2020年11月19日閲覧。
  21. ^ InfoDisc : Les Tubes de chaque Artiste commençant par W”. www.infodisc.fr. 2020年11月19日閲覧。
  22. ^ Les charts français”. lescharts.com. 2020年11月19日閲覧。
  23. ^ The Irish Charts - All there is to know”. irishcharts.ie. 2020年11月19日閲覧。
  24. ^ Dutch Charts”. dutchcharts.nl. 2020年11月19日閲覧。
  25. ^ New Zealand charts portal”. charts.nz. 2020年11月19日閲覧。
  26. ^ “Bubbling Under the Hot 100”. Billboard: 50. (19 February 1972). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1972/BB-1972-02-19.pdf 2021年10月16日閲覧。. 
  27. ^ “Bubbling Under the Hot 100”. Billboard: 24. (6 November 1976). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1976/Billboard%201976-11-06.pdf 2021年10月16日閲覧。. 
  28. ^ “Bubbling Under the Hot 100”. Billboard: 32. (22 July 1978). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1978/Billboard%201978-07-22.pdf 2021年10月16日閲覧。. 
  29. ^ Whispers - And the Beat Goes On”. bpi.co.uk. 2022年1月15日閲覧。
  30. ^ “Bubbling Under the Hot 100”. Billboard: 31. (23 May 1981). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/80s/1981/BB-1981-05-23.pdf 2021年10月16日閲覧。. 
  31. ^ “Bubbling Under the Hot 100”. Billboard: 64. (27 February 1982). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/80s/1982/BB-1982-02-27.pdf 2021年10月16日閲覧。. 
  32. ^ “Bubbling Under”. Billboard: 69. (19 January 1985). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/80s/1985/BB-1985-01-19.pdf 2021年10月16日閲覧。. 
  33. ^ “Bubbling Under”. Billboard: 73. (13 April 1985). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/80s/1985/BB-1985-04-13.pdf 2021年10月16日閲覧。. 

外部リンク[編集]