ウィグワム (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィグワムWigwam )はフィンランドプログレッシブ・ロックバンド。

概要[編集]

ブルース・ロックR&Bに影響を受けたバンド、ブルース・セクションを前身としている。 因みにここからウィグワムとタサヴァラン・プレシデンッティ(Tasavallan Presidentti)と言う二つのバンドが生まれており、ワイルド・フラワーズからソフト・マシーンキャラヴァンが生まれたのに似ている。

前期はブリティッシュ・ロック、カンタベリー・ロック的だが、後期はポップス化が進んでいく。

1979年解散。1991年、2001年に再結成している。

来歴[編集]

  • 1968年
ニッケ・ニカモ、マッツ・ハルデン、ロニー・オスターベルグにより結成。
  • 1969年
ジム・ペンブローク加入。
ユッカ・ガスタヴソン加入。
ペンブローク、ガスタヴソン、ニカモ、ハルデン、オスターベルグで1st「Hard N'Horny」録音。
  • 1970年
ハルデン脱退。
ペッカ・ポーヨラ加入。
ニカモ脱退。
ペンブローク、ガスタヴソン、ポーヨラ、オスターベルグで2nd「Tombstone Valentine」録音。
  • 1971年
ホーン・セクションをゲストに加え、3rd「Fairyport」録音。
  • 1973年
ホーン・セクションをゲストに加え、4th「Being」録音。
  • 1974年
ペッカ・レチャード加入。
ガスタヴソン、ポーヨラ脱退。
マンス・グランドストロエム加入。
  • 1975年
ペンブローク、レチャード、グランドストロエム、オスターベルグで5th「Nuclear Nightclub」録音。
ペドロ・ヒータネン加入。
  • 1976年
ペンブローク、レチャード、グランドストロエム、オスターベルグ、ヒータネンで6th「The Lucky Golden Stripes And Starpose 」録音。
  • 1977年
ヒータネン脱退。
ペンブローク、レチャード、グランドストロエム、オスターベルグで7th「Dark Album」録音。
  • 1979年
解散。
  • 1991年
ペンブローク、レチャード、グランドストロエム、ヤン・ノポネン、ヒータネンで再結成。
  • 1992年
ヒータネン脱退。
ミッコ・リンタネン加入。
  • 1993年
ペンブローク、レチャード、グランドストロエム、ノポネン、リンタネンで8th「Light Ages」録音。
  • 2001年
ペンブローク、レチャード、グランドストロエム、ケッツネン、コティレイネンで再結成。
  • 2002年
9th「Titans Wheel」録音。
グランドストロエム脱退。
  • 2003年
ユッシ・キンヌネン加入。
  • 2004年
キンヌネン脱退。
ハルデン復帰。
ペンブローク、レチャード、ハルデン、ケッツネン、コティレイネンで10th「Some Several Moons」録音。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1968年12[編集]

  • ニッケ・ニカモ(Vladimir "Nikke" Nikamo) - guitar
  • マッツ・ハルデン(Mats Huldén) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums

+

  • イルポ・アルティオ(Ilpo Aaltio) - sax
  • クリスティアン(Kristian) - vocal

第2期 1969年1~6[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ニッケ・ニカモ(Vladimir "Nikke" Nikamo) - guitar
  • マッツ・ハルデン(Mats Huldén) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums

デビュー・シングル「Must Be The Devil / Greasy Kids' Stuff」録音。

第3期 1969年7~1970年5[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ユッカ・ガスタヴソン(Jukka Gustavson) - vocal/organ/piano
  • ニッケ・ニカモ(Vladimir "Nikke" Nikamo) - guitar
  • マッツ・ハルデン(Mats Huldén) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums

+

  • フリッツ・ジェンキンス(Fitz Jenkins) - double bass(ゲスト/1st)
  • オットー・ドナー(Otto Donner) - string arrangement(ゲスト/1st)
  • ペッカ・ポーヨラ(Pekka Pohjola) - violin(ゲスト/シングル)

1st「Hard N'Horny」録音。

第4期 1970年5~1970年7[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ユッカ・ガスタヴソン(Jukka Gustavson) - vocal/organ/piano
  • ニッケ・ニカモ(Vladimir "Nikke" Nikamo) - guitar
  • ペッカ・ポーヨラ(Pekka Pohjola) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums

第5期 1970年7~1973年12[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano/electric piano/harmonica
  • ユッカ・ガスタヴソン(Jukka Gustavson) - vocal/organ/piano/electric piano/synthesizer(4th)
  • ペッカ・ポーヨラ(Pekka Pohjola) - bass guitar/violin
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums/percussion

+

  • ヘイッキ・ローリラ(Heikki Laurila) - guitar/banjo(ゲスト/2nd)
  • ユッカ・トローネン(Jukka Tolonen) - guitar(ゲスト/2nd,3rd)
  • カレヴィ・ニクヴィスト(Kalevi Nyqvist) - accordion(ゲスト/2nd)
  • イルマリ・ヴァリラ(Ilmari Varila) - oboe(ゲスト/3rd,4th)
  • タピオ・ローヘンサロ(Tapio Louhensalo) - bassoon(ゲスト/3rd)
  • ハンヌ・サクセリン(Hannu Saxelin) - clarinet(ゲスト/3rd)
  • リスト・ペンソラ(Risto Pensola) - clarinet(ゲスト/3rd)
  • アント・ハーパ・アホ(Unto Haapa-aho) - bass clarinet(ゲスト/3rd,4th)
  • イーロ・コイヴィストイネン(Eero Koivistoinen) - soprano sax(ゲスト/3rd)
  • ペッカ・ポリー(Pekka Pöyry) - soprano sax/flute(ゲスト/3rd,4th)
  • ペンッティ・ラサネン(Pentti Lasanen) - clarinet/flute(ゲスト/4th)
  • パーヴォ・ホンカネン(Paavo Honkanen) - clarinet(ゲスト/4th)
  • アーレ・リンドグレン(Aale Lindgren) - oboe(ゲスト/4th)
  • ユハニ・タパニネン(Juhani Tapaninen) - bassoon(ゲスト/4th)
  • ユハニ・アールトネン(Juhani Aaltonen) - flute(ゲスト/4th)
  • セッポ・パークネイネン(Seppo Paakkunainen) - flute(ゲスト/4th)
  • エリック・ダンホルム(Erik Dannholm) - flute(ゲスト/4th)
  • ペンッティ・ラーティ(Pentti Lahti) - flute(ゲスト/4th)
  • カイ・ヴェイステラ(Kai Veisterä) - flute(ゲスト/4th)
  • タイスト・ウェスリン(Taisto Wesslin) - acoustic guitar(ゲスト/4th)

2nd「Tombstone Valentine」、3rd「Fairyport」、4th「Being」録音。

この時期は専任ギタリスト不在であり、特にライブでは完全にギターレス、ツイン・キーボードと言う特異な楽器編成で演奏していた。

4th「Being」で初めてsynthesizerを導入している。

ペッカ・ポーヨラは自作曲ではbass guitarの他にもviolin/piano/acoustic guitar/celeste/harpsichord/synthesizer等数多くの楽器を演奏している。

第6期 1974年1~1974年6[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/electric piano
  • ユッカ・ガスタヴソン(Jukka Gustavson) - vocal/organ
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • ペッカ・ポーヨラ(Pekka Pohjola) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums/percussion

ライブ「Live Music From The Twilight Zone」録音

第7期 1974年7~1975年5[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/electric piano/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums/percussion

+

  • エサ・コティレイネン(Esa Kotilainen) - keyboard(ゲスト/5th)

5th「Nuclear Nightclub」録音。

第8期 1975年5~1977年9[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums/percussion
  • ペドロ・ヒータネン(Heikki "Hessu/Pedro" Hietanen) - keyboard

6th「The Lucky Golden Stripes And Starpose」録音。

第9期 1977年10~1979年[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ロニー・オスターベルグ(Ronald "Ronnie" Österberg) - drums/percussion

+

  • ペドロ・ヒータネン(Heikki "Hessu/Pedro" Hietanen) - keyboard(ゲスト/7th)
  • ユッカ・ガスタヴソン(Jukka Gustavson) - organ(ゲスト/7th,1977年11月のライヴ)
  • エサ・コティレイネン(Esa Kotilainen) - keyboard(ゲスト/ライヴ)
  • ヘイッキ・シルヴェンノイネン(Heikki Silvennoinen) - guitar(ゲスト/1977年11月のライヴ)

7th「Dark Album」録音。

第10期 1991年6~1992年3[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ヤン・ノポネン(Jan Noponen) - drums
  • ペドロ・ヒータネン(Heikki "Hessu/Pedro" Hietanen) - keyboard

第11期 1992年4~1993年8[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ヤン・ノポネン(Jan Noponen) - drums
  • ミッコ・リンタネン(Mikko Rintanen) - organ/keyboard

+

  • ヘイッキ・ケスキネン(Heikki Keskinen) - sax(ゲスト/8th)
  • ミッコ-ヴィレ・ローラヤン-ミッコラ(Mikko-Ville Luolajan-Mikkola) - violin(ゲスト/8th)
  • ペドロ・ヒータネン(Heikki "Hessu/Pedro" Hietanen) - accordion(ゲスト/8th)

8th「Light Ages」録音。

第12期 1993年9~1994年[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ヤリ・ケッツネン(Jari Kettunen) - drums/percussion

第13期 1999年4~2000年8[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ヤリ・ケッツネン(Jari Kettunen) - drums/percussion
  • ペドロ・ヒータネン(Heikki "Hessu/Pedro" Hietanen) - keyboard

第14期 2001年4~2003年4[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マンス・グランドストロエム(Måns "Måsse" Groundstroem) - bass guitar
  • ヤリ・ケッツネン(Jari Kettunen) - drums/percussion
  • エサ・コティレイネン(Esa Kotilainen) - keyboard

ライブ「Wigwam Plays Wigwam - Live」、9th「Titans Wheel 」録音。

第15期 2003年5~2004年6[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • ユッシ・キンヌネン(Jussi Kinnunen) - bass guitar
  • ヤリ・ケッツネン(Jari Kettunen) - drums/percussion
  • エサ・コティレイネン(Esa Kotilainen) - keyboard

第16期 2004年~[編集]

  • ジム・ペンブローク(Jim Pembroke) - vocal/piano
  • ペッカ・レチャード(Pekka "Rekku" Rechardt) - guitar
  • マッツ・ハルデン(Mats Huldén) - bass guitar
  • ヤリ・ケッツネン(Jari Kettunen) - drums/percussion
  • エサ・コティレイネン(Esa Kotilainen) - keyboard

+

  • ミカエル・モンロー(Michael Monroe) - harmonica/tenor sax(ゲスト/10th)
  • オリ・カリ(Olli Kari) - marimba(ゲスト/10th)
  • アリ・ピットケイネン(Ari Pitkänen) - tuba(ゲスト/10th)

10th「Some Several Moons」録音。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Hard N'Horny (1969年 第3期)
  • Tombstone Valentine (1970年 第5期)
  • Fairyport (1971年 第5期)
  • Being (1974年 第5期)
  • Nuclear Nightclub (1975年 第7期)
  • The Lucky Golden Stripes And Starpose (1976年 第8期)
  • Dark Album (1977年 第9期)
  • Light Ages (1993年 第11期)
  • Titans Wheel (2002年 第14期)
  • Some Several Moons (2005年 第16期)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live Music From The Twilight Zone (1975年 第6期)
  • Wigwam Plays Wigwam - Live (2001年 第14期)

コンピレーション[編集]

  • Fresh Garbage - Rarities 1969-1977 (2000年 第2期~第3期、第5期~第9期)
アルバム未収録のシングル曲、第3期、第5期、第6期、第8期、第9期のライブ音源をまとめた作品。

シングル[編集]

  • Must Be The Devil / Greasy Kids' Stuff (1969年 第2期)
  • Luulosairas / Henry's Highway Code (1970年 第3期)
  • Pedagogi / Häätö (1970年 第3期 A面のviolin:ペッカ・ポーヨラ)
  • Freddie Are You Ready / Kite (1975年 第7期)
  • Tramdriver / Wardance (1975年 第8期)
  • Borders To Be Crossed / Planetstar (1993年 第11期)
  • Heaven In A Modern World (radio edit) / Heaven In A Modern World (album version) (2002年 第14期)
  • Drive On Driver / The Lost Lizard King (Ababacab) (2002年 第14期)

オムニバス[編集]

  • Anna Mulle Lovee (1994年 “Pedagogi”、“Finlandia/Losing Hold (Live)”、“Tramdriver”で参加 第3期、第5期、第8期)
  • Jee Jee Jee: Suomi-Rockin Arkistoaarteita (1998年 “Up On Cripple Creek (Live)”で参加 第5期)

その他[編集]

  • Jim Pembroke / Wicked Ivory (1972年 Hot Thumbs O'Riley名義)
オスターベルグ、ハルデン、ポーヨラ、グランドストロエム、ガスタヴソン参加。
  • Jim Pembroke / Pigworm (1974年)
第5期メンバーと演奏している。
  • Jim Pembroke / Corporal Cauliflowers Mental Function (1977年)
オスターベルグ、レチャード、ヒータネン参加。
  • Jim Pembroke / Flat Broke (1980年 Jim Pembroke Band名義)
オスターベルグ、ハルデン参加。
  • Jim Pembroke / Party Upstairs (1981年)
ハルデン、ヒータネン参加。
オスターベルグ、ポーヨラ、ガスタヴソン参加。ペンブロークが作曲とアレンジ、グランドストロエムがアレンジで参加。

関連項目[編集]

  • ブルース・セクション(前身バンド。ジム・ペンブローク、ロニー・オスターベルグ、マンス・グランドストロエム在籍)

外部リンク[編集]