イ仰宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「潙仰宗」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

潙仰宗(いぎょうしゅう)は、中国で成立した禅宗の一派である。五家七宗の一つ。

成立[編集]

宗派あるいは教団としての禅宗が成立したのは、初頃である。その後、禅は神秀系統の北宗禅と、慧能系統の南宗禅とに分派した。潙仰宗の法系は、南宗禅に連なり、

 慧能 - 南岳懐譲 - 馬祖道一 - 百丈懐海

といった系統に繋がっている。百丈懐海の法嗣となった潙山霊祐が、元和元年(806年)に、山(湖南省長沙市)で独自の禅を提唱したのに始まる。更に、その法嗣となった慧寂が、山(江西省)に住して、師の教えを確立したので、その両者の住した山の名をとって、潙仰宗と称されている。

五代十国時代には、荊南南唐で教線を展開した。慧寂の法嗣である南塔光涌(850年 - 938年)や、西塔光穆、光涌を嗣いだ芭蕉慧清、更に光穆の門弟である資福如宝らの名が知られている。しかし、五代十国の末頃には、次第に衰退し始めた。

宗風[編集]

その宗風は、「方円黙契」と称せられ、『法眼十規論』では「谷の韻に応じるが如く、関の符を合するに似たり。規儀を差別すると雖も、かつ融会を礙ぐることなし」と述べている。また、『五家宗旨纂要』では「潙仰の宗風は、父子一家、師資唱和し、(中略)体用及び彰る」と述べられている。

つまり、その宗風には、黙照禅と称される曹洞宗に類似した点も見られるが、家族的で、孤立的な性格があったものと思われる。その宗風が、逆に災いし、同系の臨済宗が隆盛するにつれて、衰退して行き、宋代に至って遂に吸収同化されてしまったものと考えられる。

参考文献[編集]