イースタングリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イースタングリップ (eastern grip) は、テニスにおけるラケットの握り方の一つ。アメリカの東部地方で発生し、流行したのがその名の由来とされる。フォアハンドとバックハンドではグリップチェンジする。つまりイースタンフォアハンド(フォアハンドイースタン)とイースタンバックハンド(バックハンドイースタン)がある。